もっと断捨離アンになろう!

  • 111人登録
  • 3.59評価
    • (6)
    • (17)
    • (14)
    • (3)
    • (1)
  • 20レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2011年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799310861

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
有川 浩
中崎 タツヤ
佐々木 圭一
三浦 しをん
やました ひでこ
有効な右矢印 無効な右矢印

もっと断捨離アンになろう!の感想・レビュー・書評

  • 前作がとても良かったので、期待の続編でしたが…空気感が変わったような違和感を感じました。前作は断捨離アンの入門編と言う感じで、主人公に共感しながら読み進められましたが、今作の主人公は急に上から目線になっていて、今ひとつ乗りきれませんでした。震災のくだりもまるで他人事で、なんだかなあ…。前作は「捨てるためのメソッド」、今作は「選び抜くためのメソッド」らしく、主に考え方や精神論が中心になっているせいか、合う合わないがはっきり分かれる出来になっていると思います。

  • 年末(から年始に持ち越した)大掃除に向けて読んだ。同時に借りた本より、私には合っていたようだ。

  • やましたひでこが監修となってる割にいつもパッとしなぃんだよなぁ。この断捨離本。

    漫画だからなのか?こうズドンとこない。この本読んだくらいじゃ、使いかけの消しゴムくらいしか手放せそうもない。

    やはり又聞きのような感じになるからなのか。やましたひでこ自身が書いてる本との隔たり半端ないです。

    言ってることは同じなんだけども、どうしてこんなに胸に響かないのかなぁ。と、思わざる得ない。。。笑

    筆力の違いなのか、やはり弟子の力量で本で断捨離を伝えるのは限界があるのか。わかりませんが、へぇ。程度の中身でした。

    これじゃ、うちはスッキリしないだろうなぁ。

  • 震災のくだりだけはどうにも賛同できない

  • 漫画とエッセイでの片付けることのメリットについての話と、その片付けに至るまでの心のプロセスの話。

    あと執着ではなく愛着のものは無理しなくて良い。
    溜め込み出はなく備蓄の範囲ならむしろすべきってところが忘れてた。

  • 二作目のこちらの方が一作目よりも好きです。
    断捨離は自分のペースですすめましょうとか、休んでも止まってもそれでいいのです、という柔軟な感じがいい。
    実家の断捨離、自分以外の他人の持ち物を捨てたい気持ちになってしまったらどうするか、ヒントが欲しくて読みました。やはり人のものに手出ししてはいけないということですね。自分のものを粛々と断捨離していけば、いつかまわりがつられて断捨離をしてくれるかもしれないと信じて続けていきます。
    前作よりも、精神的な内容になっている気がします。断捨離経験者向け?

  • ゆるく読むつもりだったけど、思いがけず自分の思い込みに気づく事ができた。

    それは「持つモノはすべてこだわりぬいたモノではならない」 という思い。これは断捨離以降の考えで、それ以前はこんな思いはなかった。この思考のおかげで必要なモノが壊れたり紛失しても、なかなか買いなおすことが出来なかった。それは菜箸ひとつでもちゃんとこだわらないとダメだから。でも本来私は無頓着。ないこだわりを無理に作るのはしんどかった。

    この本では「モノを買ってはいけない」と囚われた人のエピソードだったけど、自分と重なり共感できた。そしてこれこそ断捨離すべき思考なんだとも区切りをつける事ができた。

    今は「これにはこだわりがないから色で決めよう」「100均で見つけたけど十分だと思う」など、「自分で決める(選ぶ)」事を意識してる。その結果、選んだそれはありふれたモノでも大切に思えてる自分がいる。そして少しずつそんな生活に充実感を感じる。

    気付きは大きかったけど、決して重い話ではない。また思い出した時にゆる~く読みたいかな。

  • 前作読んで感動して、かなり部屋が綺麗になったので2作目も。

    前作を読んで捨てることにはまってしまって、捨てる ことを重要視していたけど 大切なのは自分に必要なものを見極めることだって反省した…

    つねにお気に入りのものに囲まれた生活…理想だよね。私も少しずつ変えていこうと思った。
    規定の数を決めるのは物の増え過ぎも防げるし、手もとに残るのが厳選されるしいいと思う。

    この人の漫画の展開おもしろい。千代子の歌何⁈

  • 断捨離にはまるきっかけになった一冊。
    読んだ後、自分もすっきりしたくなるから不思議。
    洋服や鞄を使わないのに、山のように持っていた理由が明確になり「ありがとう」と手放すことが出来ました。

    しかしやはり、独身の方と子持ちの断捨離は少し違ったのであいかわ先生の方が私には向いてました。

  • マンガなのですらすら読めた。

    最近実家に帰る度に断捨離実行中。
    自分の持ち物の自己ベストを更新、スタメン入れ替えを常に心がけよう。
    今後の買い物に生かしていきたい。

    選び抜かれたモノな囲まれて暮らす。
    お気に入りの食器やカトラリー。
    とても憧れる生活。
    現在、なかなかお気に入りが見つからないのが難点。

  • またもやゴミ袋がふえた!w 他人のものに対する考え方や、実家のモノについてなど、断捨離をしたら思うであろうことに優しく答えてくれる本。適切に自分に必要なものを見極める力を養いたいね。

  • 断捨離=ものがない、という訳ではない。適量になるから個人差があるもの。何を持つかをきちんと見極められること、必要なものを大切にできること。
    毎日使うものだからこそ、お気に入りをそろえて大切に使う。日常が豊かに。
    ものが自分の自信のなさや不安を表していることにきちんと向き合わなければ。
    ~したい、~しよう、ワクワクという気持ちを大事にし、たとえ望む結果が得られなくてもOKとし、オープンな状態でいること。考え方も代謝していこう。

  • 図書館にて。
    確かに、物が効率的に捨てられて、家が片付いたら気持ちよかろう。
    なかなかできないからこういう本が売れるということだと思うけれど・・・。

  • 1も読んで興味をもったので2をよんだ。
    断舎離していく上でぶつかる、他者の荷物や関係についてちゃんとかかれてあってよかった。

  • 断捨離マンガ、売れているんですね。新刊本コーナーに平積みされていました。
    1巻のほうが、中身があって、よかったかな。
    でも、主人公のお母さんが断捨離するときに、島倉千代子の「人生いろいろ」の歌に替え歌にしていたのが笑えました。

全20件中 1 - 20件を表示

もっと断捨離アンになろう!に関連する談話室の質問

もっと断捨離アンになろう!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もっと断捨離アンになろう!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もっと断捨離アンになろう!はこんな本です

ツイートする