女子力男子 ~女子力を身につけた男子が新しい市場を創り出す

  • 142人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (10)
    • (16)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 原田曜平
  • 宝島社 (2014年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800228154

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
川村 元気
小林 聡美
有効な右矢印 無効な右矢印

女子力男子 ~女子力を身につけた男子が新しい市場を創り出すの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 例えば「料理をする男子はカッコイイ」という価値観が広まった結果、男子向け料理本など新しい市場が生まれた。著者はそのような「かつては女子の専売特許だったものを楽しむ男子」を様々な観点から分析。草食系男子と繋がる部分もあるのかな?全てとは言わずとも1個ぐらい当てはまる人は多いはずw

  • 家事とかの能力を旧世代の言葉たる女子力をもって、新世代の女子力男子を説明するのもどうかと。そもそも論で、一例として料理できない女性なんて、めずらしくもなんとも無い現実を無視して、マイノリティを極大化しています。女装も、サイズ的にどうなのかと。170cmあたりで、しまむらや総合スーパーに適合サイズありませんけど。まあ、ゆるめのワンピとかなら別ですが。

  • 女子力男子、この10年で出てきた新潮流なのかな。
    高齢社会が進んで健常者と障害者のバリアフリー化が進んだときと同じ感覚を覚える。
    ただ女子力男子が細分化されているけど
    ここまでまだ増えた気もしないな。
    女子力がないからか??

  • 雇均法以降、ずっと女子が元気だったがゆとり世代で保守化。むしろここ数年は男子が女子化して、消費の主役になるのでは。

    的な話で、論説というより、
    女子化男子をたくさん取り上げた
    事例集というか、図鑑のような本でした。

  • 2014年12月初版
    原田曜平著  
    ==
    雇均法以降、ずっと女子が元気だったがゆとり世代で保守化。むしろここ数年は男子が女子化して、消費の主役になるのでは。日本だけでなくアジアにも広がりがあり、マーケットボリュームも大きい。マイルドヤンキーは若者の消費離れの「止血」の提案だったが、未来を見据えるなら「女子化男子」。成熟社会における多様化の一種。

    ってな感じでしょうか。さすがの取材量で読み物としてはなかなか面白うございました。

  • 若者は消費をしなくなったわけではない。
    男性性を失ったわけではない。

    これまでとは
    別なる能力を身につけ、
    別なるものを欲しているだけ。

    なるほど、それはそうだな、と思った。

全7件中 1 - 7件を表示

原田曜平の作品一覧

原田曜平の作品ランキング・新刊情報

女子力男子 ~女子力を身につけた男子が新しい市場を創り出すを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女子力男子 ~女子力を身につけた男子が新しい市場を創り出すを本棚に「積読」で登録しているひと

女子力男子 ~女子力を身につけた男子が新しい市場を創り出すの作品紹介

ニッポンの次世代をになう超巨大な市場が登場した!新消費者『女子力男子』の思考を徹底調査!

女子力男子 ~女子力を身につけた男子が新しい市場を創り出すはこんな本です

ツイートする