三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

  • 237人登録
  • 3.19評価
    • (3)
    • (22)
    • (42)
    • (11)
    • (1)
  • 39レビュー
  • 宝島社 (2017年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800273475

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 「本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないかな、あなたはー。」

    二度の殺人を犯した三隅と衝撃の秘密を抱える被害者の娘咲江に翻弄される重盛。三度目の殺人とは誰が誰を殺すのか…
    この作品はスッキリした推理や検事と弁護士の激しい攻防を期待してはいけない。

    同じ殺しなのにお金目当てより怨恨の方が罪が軽くなるらしい。法律とは不思議なものである。
    そしてその法を利用し、被告人の有利になるようにシナリオ、法廷戦術を考える、それが弁護士の仕事なのだ。そこに真実がなくてもいい。怖い闇を見た気がした。

    重盛もそんな弁護士だったけど、三隅と出会い何かが変わる。真実を、三隅を知りたくなり、三隅の意思を尊重し、そして…。

    最後まで三隅に翻弄されラスト重盛は悶々とする。ノベライズでは映画よりも悶々とする。闇がさらに増えた感じ。救ったのか裁いたのか…本当の事は結局ノベライズでもわからない。
    わからないからこそ、人を裁くことの意味について深く考えさせられた作品だった。

    重盛が見た夢が興味深い。十字架と大の字。あの雪のシーン大好き。

  • 「本当のことを教えてくれよ」…『そして父になる』の是枝裕和監督作品、真実の小説化。弁護に「真実」は必要ない。そう信じ、勝利するための“法廷戦術”を追求してきた弁護士・重盛。しかし、ある事件の被疑者・三隅は、供述を二転三転させ、重盛を翻弄する。そして次第に明らかになる、三隅と被害者の娘の関係。本当に裁かれるべきは、だれか。心の底から「真実」を求め始める重盛の前に浮かび上がるものとは。

  • 映画を観てモヤモヤしたので読みました。
    読んでも事件の真相はきっとわからないんだろうなぁ...この作品がいいたいところは真相は何か?ではないんだろうなぁ...と思って読みましたが 映画を見終わった後と読後では少し印象が変わったかなっ...
    活字にすると映画では何気なく観ていたところの情景や登場人物のしぐさなどがより入り込んできたような気がします。
    咲江の「ここではだれも本当のことを話さない」という言葉は印象的で何のために裁判をするのだろうかと思ってしまう。裁判にかかわる人達はそれぞれに信念を持ってやっているのだろうが 私には人を裁くなんて精神的に出来そうにありません。けれどそれをやっている打算的じゃない人達もこの世の中にはちゃんといるんだよなっ、と...
    表紙の3人の顔の返り血に頷けます。

  • 映画「三度目の殺人」のノベライズで映画の復習のため読んだ。
    本当の犯人は誰なのか、三隅は本当にただの器なのか、咲江はどう関与したのか、謎は結局明かされない。
    重盛はこれから依頼人や家族と向き合える人間になっていくんだろうか。深い余韻が残る終わり方が好き。

  • 映画を観てモヤモヤだったので読んでみた。
    映画ではわからなかったこと、それぞれの人たちの意図やら気持ちやらがよくわかって、なるほどなるほどと思った。
    その意味のこもった演技をしてたのだろうな。
    もう一回映画を観ると、新たな発見があるかもしれん。

    どうでもいいけど、
    斉藤由貴さん、橋爪功さんが出演してるのが、ドキドキした。

  • 映画を観終わった後のモヤモヤが少し晴れました。やっぱり活字はいいなあ。

  • 映画に興味があって読みました。読みやすかったし、映像は面白そう。結末はハッキリとさせないのが、この映画の特徴らしい。映画を観たら、また感想が変わるかも。

是枝裕和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする