IT立国エストニア―バルトの新しい風

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 慧文社 (2008年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863300194

IT立国エストニア―バルトの新しい風の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エストニアの電子国家への取組みの紹介。技術面、プロジェクト計画の話が中心で知りたかった実際の成果、影響、課題の記述はさしてない。
    2007年出版の本だから仕方ないか。別の書籍をあたるか。

  • バルト三国のエストニアは実は電子政府先進国。Skypeを産んだ国。

  • 和図書 548.93/Ma26
    資料ID 2012101782

  • エストニアでは15歳以上の全国民がeIDカードを持ち、2007年3月には世界で始めて国政選挙においてインターネット投票が可能となった。
    Skpeの開発拠点はエストニアにある。
    本社はルクセンブルグだが、創業はエストニアである。
    電子政府。エストニアにはITに詳しい政治家が多い、日本と違うな。
    市民向けポータルサイトも充実していて行政サービスの多くがインターネットで行われている。
    インターネット投票は、エストニアIDカードをカードリーダーに挿入して投票Webサイトに行く。

全4件中 1 - 4件を表示

IT立国エストニア―バルトの新しい風はこんな本です

ツイートする