教養の再生のために―危機の時代の想像力

  • 34人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 徐 京植  Norma Field 
  • 影書房 (2005年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877143275

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

教養の再生のために―危機の時代の想像力の感想・レビュー・書評

  • 想像力は訓練で高められる

  • プリーモレーヴィーが「教養は私にとってアウシュビッツを生き延びることに役立った」と言ってたそうだ。
    教養がない者はサバイバルすることも困難なのだ。教養があれば生きていけるのだ。

  • 大学院進学にあたってもう一度リベラルアーツの意味を考えたくて、読んでみた。
    何をもって「リベラル」というのか、今まで感覚的にしか考えたことがなかったが、「機械的・奴隷的である状態」ーつまり特定の目的に縛られた状態ーから「自由」であるために「リベラル」な学問と呼ばれるのだ、という定義を読んで、納得がいった。
    専門領域の境界を柔軟に行き来できるような「自由人」でありたいという自分の思いを確認しつつ、そのためにはまず専門領域をしっかりと学びそこから生まれた疑問を大切にしなければならないと思った。
    自分の立ち位置を見失ったときに読み返したい一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

教養の再生のために―危機の時代の想像力の作品紹介

戦争が絶えず、シニシズムが蔓廷し、知性や理性、道徳性への信頼が脅かされている現代-この時代をいかに生きるべきか。東京経済大学21世紀教養プログラム発足記念講演会の内容を収録。

教養の再生のために―危機の時代の想像力はこんな本です

ツイートする