家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 882人登録
  • 3.60評価
    • (75)
    • (54)
    • (146)
    • (11)
    • (8)
  • 96レビュー
著者 : 沼正三
  • 幻冬舎 (1999年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287818

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
安部 公房
ポーリーヌ・レア...
エドワード ゴー...
有効な右矢印 無効な右矢印

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 別の件で昨年末の新聞を調べていたら、(2008年)11月30日に天野哲夫が82歳で肺炎のため死去、という記事を見つけました。まったく全然知りませんでした。

    三島由紀夫が変名で書いたとか、いや澁澤龍彦だ武田泰淳が、など諸説あるそうですが(今では何人かの作家が協同して、覆面作家としての沼正三を作ったということで落ち着いているようですけれど)私の中では天野哲夫=沼正三、つまりこの本の著者です。

    世紀の奇書『家畜人ヤプー』は、1956年から「奇譚クラブ」というSM雑誌で連載されたという出自を持ち、超SFであると同時に、変態趣味に耐える超SMでもあるところに大きな特徴がありますが、俯瞰すると太平洋戦争敗戦後のアメリカ白人支配を体験したマゾヒストの妄想というのが本質的なことがらのように思われます。

    詳細な梗概は、私が書くのもはばかられますが、乱暴に言ってしまうと、未来の宇宙帝国は白人女性が支配する世界で、日本人男性は家畜として、たとえば人間便器として使われるという、一般の日本人の男性にとって反ユートピア、でもSM愛好家にとってはユートピアという、ややこしい一応SFです、これは。

    SFにどっぷりとのめり込んでいた中学生から高校生の頃にどこからか入手して、1970年刊行(都市出版社)のこの本を読んだ私は、いったいどういう感想を抱いたか、たいへん興味のあるところですが、残念ながら記憶の引き出しには何も入っていません。

    その頃の読書ノートには「『家畜人ヤプー』読了、表現そのものはスペースオペラの奇想天外さよりは真実性がある感じ、云々」などと偉そうに、SMも知らない未熟者が、涼しい顔して書いているだけです。本当はかなり驚いたはずのくせに、ね。

    尚、私のように都市出版社版で読まれた方がおありなら、ひと言。この初版が決定稿ではなく、その後出版されるたびに改稿されたそうで、ですから最後の発行の当該書=幻冬舎版が最終稿だということです。要は内容が少しは違っているということで、ということは是が非でもアウトロー文庫を読まなくては!


    ※2012年3月25日、数カ所の文章を推敲してから更新したら、すべて消えてしまいました。ということで新規登録みたいになってしまいました。
    更新する前に念のためワードに入れていましたので、全体の文章は無事でした。例のヨムナビには、たなぞう時代のコメントはカットされているので、貴重なコメントは消えてしまいました。

  • 1956年から連載された沼正三のSF&【SM】小説。
    未来世界。白人至上、女権主義国家にて家畜として奉仕する元「日本人」たち、ヤプーと呼ばれ服従に喜びを感じて品種改良や肉体改造をされている存在となっています。

    未来帝国イース、テラ・ノヴァ古代文明、有翼四足人…などの設定があるこの物語は確かにSFファンタジー小説の枠組みです。ただこれらの言葉よりも多く小説にちりばめられているのは、畜人、肉便器、生体家具、舌人形などなど。
    もうこーゆーのダメなひとは読むのが無理なストーリーです。

    印象的に感じたのは人間=家畜とした世界感。リアルな世界では人間以外の動物は当たり前に家畜となってます。人間のために生かされています。でもこれは普通の感覚です。
    品種改良でブランド牛豚鶏だらけ。結婚できないので霜降りステーキ大好きです。ベルルッティの革靴最高です。毛皮もありでしょう。
    一方でセクシャルな面でも、同性愛、獣姦、ペドなど。二次元愛なんかもそうですかね。

    この小説はそんな価値観の違いの究極な形です。
    ただこれを身近なことにスケールダウンしても本質は似てませんか?
    オススメはできませんが。

  • ストーリー的に面白い/面白くないは二の次として、緻密な妄想に彩られた世界観をこれだけ事細かに描写し、既存のものに全く異なった意味付けをして、それらを隙間なく敷き詰めて全く別の平行世界を作り上げた、その完璧なるオタク的精神に感動する。

  • 結婚を控えたドイツ人女性のクララと日本人男性の麟一郎のカップルは、ある日ドイツの山中で未来人の墜落現場を目撃してしまう。帝国EHS(イース)から来たと名乗るその未来人は、アクシデントにより身体が硬直してしまった麟一郎を治すため、二人をイースに連れていく事を申し出る。あらゆる技術が発展したその国は、アングロサクソン系の白人を頂点に、黒人の半人間の奴隷、そして様々な肉体改造を施され字義通りの肉便器や性玩具に身を変えられてしまったヤプーと呼ばれる日本人により形成された完全なる格差社会であった。また、徹底的な女権主義国家でもあり、権力は全て女性が握っていた。そうとも知らず麟一郎と二人、イースに行く事に同意したクララ。初めは麟一郎の容態を気にかけていた彼女だったが、次第に権力と暴力の甘美なる魅力に陶酔していく。知ってはいたけど内容はかなりえげつない。だいぶ人を選ぶので要注意!ヤプーと言われる日本人があらゆる肉体改造を受ける様子や、白黒黄色人種からなる格差社会の様子など、イース文明を科学的文献を参考にしている体でつまびらかにしている。私達が日々家畜に行っている事と、かつて奴隷や穢多非人と呼ばれる人々に対して平気で行っていた(現在も一部行っている)行為の残虐性を思えば、本作で描かれた世界もあながちあり得なくないのかもしれない。どーーーっしても拭えなかった疑問は一つだけ。「ヤプーの加工にそれだけの労力をかける意味はあるのか?!もっと楽な方法あるだろ!」ただ暇で裕福な人間が行い得る悪行の例は歴史の貴族を見れば枚挙にいとまがないので、こちらもあながちあり得なくもないのか…。

  • まさに奇書。でも後書きにもあるように時代背景が違うから当時人と同じ感覚では読めていないのだろう。
    この版は再編集しているらしく、そのせいなのか前半と後半で濃度が違うように感じる。食傷気味だかもう一巻読み進めてみようかな。

  • 誰でも一度は夢想したり、思いついたりするエログロい事。
    そんで物書きだったら一度は書いてみようかと思うけど、決して書かない。
    そんな内容でした。

    この文庫版だと5巻まで出てるみたいだけど、オレはこの一冊でお腹いっぱいです。

    白人女性が神のように扱われる遠い未来の世界、
    黄色人種は人以下とされ、人体改造によって、便器になったり、椅子になったり、性具になったり、小人になったり、、、そんな世界に連れてこられた現代人?の日本人男性と、白人女性のカップルが、、みたいな話です。

    グロ注意

  • 三島由紀夫や寺島修司が絶賛したという昭和30年代に書かれた『戦後最大の奇書』を読んでみた。内容は端的に言うとエログロSMスカトロジーSF小説と言った所か。兎に角発想が凄すぎる。数千年後の未来では日本人の末裔が白人に奴隷として家畜的生体家具として改良されているという…。肉便器教育実習の件のくだらなさによくぞここまで設定に凝った!と感嘆の声を上げた。所詮欧米人の家畜という当時の日本人が持つ劣等感を全面に出したコンプレックスの塊の本作品を読み終えると間違いなく疲労感に包まれる。

  • 初正三。よくもまぁこんな世界観を作ったものだと関心する。・・が、しかし兎に角不快だった(-_-;;テン〇ー家の扱いまであぁだとは。そりゃあ問題になるわな... orz

  • 読みやすくて衝撃的な内容に最初は面白かったんだけど、その衝撃にもだんだん慣れてきちゃうと、ただの悪趣味に見えてきちゃったなぁ・・・。でも未来の文化の描写は設定が細かい感じがして好きかも。とりあえず2巻借りてくる!

  • 江川達也版はものすごく原作に忠実に漫画化していたんだな。

  • 独特の世界観をもつ、かの有名な一冊。
    単なる、「SM小説」とか「猟奇小説」という見方をする人もいるが、実は、もっと奥底の深い話。
    ただし、作者がそれを素直に肯定していないところも面白い。

  • 自分の中にも日本人としての誇りがあったんだなと思い起こさせてくれた作品

    起きているできことはすべてグロテスクで荒唐無稽なんだけど
    それをあくまでSFとして説明しよとしているところに誠実さを感じる

    それらがあくまで作者がしてほしい願望であるところが狂いに拍車を掛けている

    ぜひとも世界で出版して欲しい作品
    その時は出版された国の人種を家畜役にしてほしい
    どんな反応をするのか楽しみだ

    江川達也が漫画化したが彼にはMの願望がなかったのでそれなりだった
    ヤプーが日本人に見えなかったのもまずかった

  • これはすごい。ドグラ・マグラ以上の奇書に出会った気がします。
    怖いというより、こういう世界だったら家畜扱いされてた自分が今ぬくぬくと読書している優越感に浸ったり嗜虐心被虐心を間接的に味わったりして快感を感じる本なのでは…私は好きです…。

  • いや、これは、出会った時本当にショッキングでした。
    私はマゾヒストでも、汚物愛好家でもないのでちょっと吐きそうになりながら読破しました・・・

    自分の世界観がガラリと変わってしまうことに何も感じない恐怖。
    日本人は所詮西洋の奴隷以下でしかないという恐怖。
    誰もこの本を知ってないから恐怖を共有できないという恐怖。笑

    異常、ですが設定や書き込みが細かすぎて、読まずにはいられなかったです・・・・うおおお

  • 奇怪に見えるけれど、結局は私たちが「当たり前に」していることと同じ。

  • 人の考えが変えられてゆく事の怖さ。自分の判断が揺らぎ、やがて染まり、元々そのように考えていたと思わされる。
    思考のすり替えと、選民意識。統治者・従属者。

  • これはもっと前に読んでおけばよかった。
    1950年代に書かれたようだが、おそらく当時と今とでは時代性が多いに違うのだろう。その辺りは奥野健男氏の解説が時代の変化をよくとらえていてわかりやすい。特に発表当時は絶賛していた三島が後に否定的になったというのは納得。
    しかし、この強烈な人種差別的な内容がよく出版されたものだと感心する。黄色人種が黄色人種差別を書いているからまだ許されるのだろう。そして、何となく「たぶん白人って世界をこう見てるんだろうな」って思えてしまう。いや本当にそうかもしれないけど。
    ふと倉橋由美子の「アマノン国往還記」を想い出したりしたけど、「アマノン〜」はエンターテイメントでありアイロニーがあり、「往還記」なので戻ってくるのだが、本作は救いもないしブラックだし果たして戻ってくるかもよくわからない(未完だし)。
    これを白人、黒人が読んだらどう思うか、また最近の自尊心の肥大化した日本人が読んでどう思うかは興味深い。

  • このようなタイプのものはむしろ好きなんだけど、あまりぐっと来なくて残念に思った。

  • 世界観が凄過ぎます。異常です。
    ヤプー(日本人)、セッチン(肉便器)、ヤープドック(畜人犬)、チンポー(珍棒)etc。
    不明です。
    何語?何人?時代は?場所は?すべてが??から始まります。
    ジャンルもよくわかりません。SF?ファンタジー?エログロ?スカトロ?SM?鬼畜?神の話?
    多分全部含まれますし、日本人(家畜人)の扱いがヒドすぎ。
    もう、読みながら想像の限界を超えます。「えっ?えっ?どんな姿形?」となります。
    だから1巻だけ読んで即座に漫画版を購入。
    これが1950年代に連載されていたものとは更に驚き。
    でも50年後にこの本を読む人も多分驚くと思う。

  • これは、この気持ちはどう言えばいいのか……

    どんなに日本が世界で活躍しても、所詮は奴隷以下の家畜として生きている、そう絶望的な気持ちになった。その絶望的な気持ちこそがマゾヒズムの極致であって、この作品の魅力のひとつなのだろうけど。

    単純に物語として楽しめる、というレベルは超えている。日本人である主人公、ドイツ人(白人)であるヒロイン。この二人が徐々に、そして決定的に離れていき、主人公がヤプーになるというこの1巻では、同じ日本人としての屈辱的な思いが心を支配する。でもそれでも、いや、それだからこそ、ページをめくらずにはいられなくなる。魔力というよりは怨念に近いものがあった。

    日本人である主人公が家畜になっていく様は、序盤で主人公がヒロインに馬をプレゼントするというシーンを思い出すととてもやりきれない。なんという皮肉。

    すべてが倒錯するこの作品の世界で、読者はなにを感じればいいのだろう。

  • 良かったですね。ページをめくる度にぞくりときます。

  • 読んでいるうちに日本人は本当に欧米人種より劣った人種であるかのような刷り込みを受けているような気分になる。
    作者の想像力、設定の作り込みには畏敬の念を感じるが、その異常性は読む人を極端に選ぶだろう。

  • 最初に読んだのは角川文庫版ですが、これは幻冬舎アウトロー文庫で、増補された比較的新しいバージョン。表紙絵が金子國義なのでつい揃えたくなり。

    こちらに収録されているのは第1~14章まで。

  • 設定が緻密で天才的。
    でも、吐き気がするような内容。

  • 単純に凄く面白い。エログロナンセンス文学として名高いが逆に人間臭さがない分、下手に重たい小説よりもはるかに読みやすい。人間の尊厳なんてものが、同じ人間の中でこそ貶められ快楽にすり替わるということが良く分かる。
    ところどころ、何だか未来ではこうなるのかもしれない…と思わず納得してしまうような描写に日本人として厭な汗が額ににじむことだろう。だけど、この本は深く考える必要はないのだと思う。絵空事として笑い飛ばす精神があれば5冊楽しく読める…はずである。

全96件中 1 - 25件を表示

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)の作品紹介

ある夏の午後、ドイツに留学中の瀬部麟一郎と恋人クララの前に突如、奇妙な円盤艇が現れた。中にはポーリーンと名乗る美しき白人女性が一人。二千年後の世界から来たという彼女が語る未来では、日本人が「ヤプー」と呼ばれ、白人の家畜にされているというのだが…。

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)のKindle版

ツイートする