わたしは樹だ

  • 42人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 松田素子
制作 : nakaban 
  • アノニマスタジオ (2014年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877587246

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
tupera t...
ガブリエル バン...
コレット ニース...
こうの あおい
加藤 休ミ
モーリス・センダ...
西 加奈子
平田 研也
ジョン・クラッセ...
ジーン モデシッ...
ユリー・シュルヴ...
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしは樹だの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「わたしは樹だ」力強く語りかける大きな樹。うねうねと大きな樹の存在を、色彩豊かに描いた絵にもすごい迫力がある。

    倒木の苔を苗床に、少ないチャンスを生かして芽を出し、根を伸ばし、岩を穿っていく。
    「生きる、生きる!」生への執着。 
    やがて長い年月を経て大きな樹へと育っていく。

    それでも樹は、生かされていることを知っている。微生物が分解した栄養素を取り込み、小さな苔が蓄えた水を頼りに、大地に支えられ、周囲の木々と枝を絡ませ、共に生きていることを知っている。厳しい環境を千年余の時を過ごし、やがて倒れ次の世代の糧となる。

    絶海の孤島、屋久島に育つ屋久杉。
    大きな存在の中に包まるとき、私にも樹の声が聞こえるだろうか。

  • 今年の夏に屋久島に行ってきました。
    この絵本と松田素子さんのインタビューを読んでから
    行けばよかった。
    帰ってきてから読んだからわかることもあったけれど、
    行く前に読んで、岩の島を、厳しい恵みの森を見たら
    また違っただろうなと思う。

  • 一本の樹である「わたし」の語りで物語は展開される。
    決して樹が育つ環境としてはベストではなかったけれど、まわりの苔や樹木と支えあって生きてきた。そして、大きくなった「わたし」は植物や動物を育てている。
    ひとりの力では難しくても、みんながつながって支え合えば生きていくこともできる、そんなメッセージを感じる。そう、これは樹だけのことではない。地球に生きる人間、動物、植物、あらゆるものに共通する思想なのだと思う。

    そして、nakabanさんの絵がとても素敵な絵本です。

    あぁ、屋久島に行ってみたいな。

  • nakabanさんの絵がわりと好きで興味をもった本。

    その語り口調から、「樹」という存在の雄大さを感じずにはいられない。
    生命が生きるということ。
    その営みの尊さ。

    これを読んだあとは、自分のまわりにある樹に話しかけたくなります。

    そしてあの土地にある、あの樹にもう一度逢いたくなります。

  • 生きる!生きる!生きる!

  • 屋久杉が語りかけます。

    命のつながりを感じることができる素敵な絵本。

  • 「緑濃き屋久島の森がギュッと詰まっております。」(nakaban)

    アノニマ・スタジオのPR
    「あらゆるものがつながりあいささえあいながら、いまここにあるということ。はじめてのホリスティック絵本。」
    http://www.anonima-studio.com/
    der meteor: 2014/03
    http://nakaban.blogspot.jp/2014_03_01_archive.html#2145350062140525922
    松田 素子 | 絵本ナビ
    http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=194

  • 屋久島の雄大な自然が教えてくれるはじめてのホリスティック絵本。
    「ホリスティック」とは、全体、関連、つながり、などの意味を含む言葉。一本の樹を通して、いま生きている世界とのつながりを感じ、もっとしあわせに暮らすためのヒントに出会えます。屋久島の樹をテーマにした力強いストーリーと、その世界を広げる絵を、五感で感じてください。

全8件中 1 - 8件を表示

わたしは樹だの作品紹介

あらゆるものがつながりあいささえあいながら、いまここにあるということ。はじめてのホリスティック絵本。

ツイートする