素晴らしき放浪者 [DVD]

  • 21人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ジャン・ルノワール 
出演 : ミシェル・シモン  シャルル・グランヴァル  マルセル・エニア 
制作 : ジャン・ルノワール 
  • 紀伊國屋書店 (2009年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4523215035989

素晴らしき放浪者 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • むかつくと思ったけど可愛く思えたり、でも躾(?)がなってなくてやっぱりむかついたり、最後は訳わからなかったり。
    彼はどこに行くんだろう。

  • 素晴らしい。
    最初の数シーンで、この映画が素晴らしいことが分かる。
    即座に分かる。
    そしてそれは間違っていないことが、ブーデュがブルジョア風情の男に少女にもらった紙幣を「パンでも買え」とくれちまうところで確信する。

    こんなにも映画然としていて、豊かで余裕があって「賛歌」たりえている映画には久しく会っていない。
    真に大らか。
    大らか、良い言葉だと思う。
    ルノワールのこの映画において「大らか」は本当にしっくりとくる素敵な言葉だ。

    原作があるのかしら。
    舞台劇のようです。
    読んでみたいな。

  • もはや、「総合芸術である映画」のなかでも傑作と言わざるをえないこの作品について、言葉という記号で感想を書こうという行為自体が無意味だ。映画は見るしかないのだ。

    しかし、そこであえて感想を記すという愚行(暴挙!)に手を染めるなら、「自由のすばらしさ」、あるいは「秩序からの自由」だろうか。とにかく自由なのである。それは、理想と現実、感情と理性の狭間に揺れる人間の夢の裏返しであるのかもしれない。

    躍動を象徴する笛の音がいい。


    【ストーリー】
    主人公ブデュは気ままな放浪者だが、「この世はすでに楽しくない」と、一足飛びにあの世行きを図ってセーヌ川に身を投げた。しかし、川縁の古本屋の親父に助けられ、英雄とされた彼のその家に居候をする。持ち前の豪胆さで奥方を寝取るが、旦那の情婦だった女中のアンヌ・マリともネンゴロになり、結婚を決める。が、式の当日、舟で河を往くお披露目の最中、川面に浮かぶ蓮の花に手を伸ばし、舟は転覆する。山高帽一つ残し、ブデュはどこぞへか流れ往き、着いた先の畑の案山子の服を頂戴する。みなの心配をよそに、飄々と歩き去って行った。その“水”の官能的な捉え方、怪優シモンのこれまた言語化不能のやさしい獣的な存在感。50年代後半以降のフランス映画は批評だけ立派で頭でっかちで、どうにもこの映画の純粋さに追いつけないように見える。「ビバリーヒルズ・バム」は本作の米版リメイク。

全3件中 1 - 3件を表示

素晴らしき放浪者 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする