モネ・ゲーム [DVD]

  • 535人登録
  • 3.16評価
    • (9)
    • (74)
    • (147)
    • (41)
    • (3)
  • 93レビュー
監督 : マイケル・ホフマン 
出演 : コリン・ファース  キャメロン・ディアス  アラン・リックマン  トム・コートネイ  スタンリー・トゥッチ 
  • Happinet(SB)(D) (2013年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043640

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

モネ・ゲーム [DVD]の感想・レビュー・書評

  • コリンファースさまの膝小僧→★10
    ほか→★3

  • ★★★☆☆
    ライトで面白い
    【内容】
    1967年の『泥棒貴族』のリメイク。
    モネの贋作を本物と偽って売り付けようとする鑑定士(コリン・ファース)と、絵の持ち主を演じるカウガール(キャメロン・ディアス)のコメディ。

    【感想】
    毒が強いことでおなじみのコーエン兄弟が脚本ですが、毒は弱めで楽しめます。
    特に「大佐」をネタにした下ネタのくだらなさはさすがの一言!

    オチまで綺麗に決まっており見ていて痛快です。

    唯一の欠点はキャメロン・ディアスがもう若くないことでしょうか。。。。さすがに無理があったww

    原題の「Gambit」は"策略"って意味です。
    「泥棒貴族」っていう邦題を使いまわさなった担当者に拍手!

  • キャメロンディアス可愛い。

    イギリス英語は聞き取りにくい。

    日本人馬鹿にされてるようで、日本人はわざと馬鹿にされて一枚上手で描かれていた。

  • おパンツ姿のコリン・ファース、エロ過ぎる。

  • やはり日本人はこうみられてるのか

  • キャストはいい。キャラクターだけはすごくいい!

  • キャメロン・ディアスが浮いていた気がする。
    もう少し地味で三枚目な女優の方が味が出たような…

    オリジナル泥棒貴族も観てみたい

  • キャストは豪華だが、ストーリーは単純だったかも。ギャグシーンは良かった。嫌味な金持ちシャバンダーことアラン・リックマンの全裸シーンが見もの。

  • 時間を割いて観るほどではないかも。

  • いけすかない会社の上司からモネの積み藁を盗み出そうという物語。
    何で女の子気に入られたんかわからんし、そもそも何で盗もうと思ったのかもイマイチわからんし、キャラクター個々の背景がいまいち語られていないから、1枚ベールに覆われた向こう側で話が進んでいく感覚だった。

  • 全体としては特になにも残らない系コメディ。キャメロン・ディアスとコリン・ファースとアラン・リックマンはみなそれぞれ魅力的で眺めて楽しい。ステレオタイプに相手がハマると見くびる側に立ったつもりで安心しきってしまう、そしてそれすら相手に見透かされている"裸の王様"のダサさを、ぎりぎり下品にならずにうまいこと刺してる。

  • 後半のみ
    アメリカ人の思うありがちな日本人像にウンザリ
    固定概念どうにかならんかの

  •  計画(妄想)は完璧だった。
     静かなジョークがたくさん挟まれており、とにかくおもしろおかしくて。ズボンを履かずにあそこまで堂々と振る舞える人を見たことがありません。
     ただふざけただけかと思いきや、意外にも用意周到な作戦を立てていて、終盤には驚かされました。イギリス人、やりますなあ。
     出演者も豪華ですし、コメディーとしても楽しめるいい作品です。

  • 計画は破綻…と見せかけてのどんでん返し。あの人達もお仲間だった!
    次の標的は、ドナルド・トランプ?
    軽いタッチのコメディ&コン・ゲームでした。
    コリン・ファースが出ていなければ、目にしなかった映画。

  • 安心して観れるポップコーンとか合う映画。

  • コーエン兄弟が脚本なのね、ところどころコミカル。やっぱイギリス映画好きかも。コリンファースが可愛い。。。
    スーツにパンツ一丁でも様になるなんてチャーミング。
    悪役のアランリックマンのヌーディストっぷりも最高。アランが死んじゃったなんて信じられないよ…泣
    キャメロンディアスはずっと可愛いんだろうな。可愛くてスタイル抜群でかっこいい。
    この三人のドタバタな感じ、イギリスらしさがとっても楽しかった。

    が、ちょっと日本人ディスりすぎでは笑。バカにされた感否めないかなー。

  • ストーリーとしては大したことないお話なのに、ずいぶん豪華キャストだなあ、と思っていたら、最後!びっくりしました。

    コリン・ファース演じるダメな美術商が、超一流のホテル内をパンツでうろついてる姿を見て、なんだか、「ああ、僕もこっち側の、なにかとうまくいかない人間だなあ。。」と思ってしまいました。。
    キャメロン・ディアスの、健康的でマッチョな田舎娘の姿はいいですね。少佐のナレーションがいい味を出している。
    あとアラン・リックマンがドナルド・トランプを思わせる傲慢な大富豪で、なんていうかスネイプ先生とはだいぶキャラが違いましたねw

    全般的にお気楽なコメディ感あるけれど、ラストで一気に持ってかれるなあ。面白かったです。

  • オープニングが好き。

  • 思ったより軽くてめちゃくちゃな映画だった。こんなにカッコ悪いコリンファースもなかなか見かけない。映像だけは綺麗で華やかだった。

  • 字幕: 林完治

    リメイクの脚本がコーエン兄弟だから結構笑えるかと期待したのだけど、想像以上に笑えなかった。イギリス人の元々持っているシニカルな笑いとコーエン兄弟のシニカルな笑いは、実は意外にテンポが違うのかもしれない。

    キャメロン・ディアスのテキサス英語も違和感あったなあ。
    全体的にキャストとキャラが合ってないような。いい役者たちの無駄遣い。もったいない。

  • イギリスらしい知的で洗練されたコメディ映画ですよ。詐欺計画が完璧に成功するシーンを妄想するところから、どんどん計画が狂っていくオープニングからすこぶる面白い(そのほとんどの原因がキャメロン・ディアス)。コリン・ファースがホテルを白ブリーフで歩き回るところも、本筋と関係ないのにミスター・ビーンっぽくて笑わせてくれます。

    そして計画が失敗したかと思ったら、実は・・・というどんでん返しもなかなか痛快。

  • 見たの忘れてて2回目。
    オチ思い出したけど、最後までみました。
    初見はびっくりした印象。
    これどんでん返し系だったのか!と

    でも、セキュリティはないだろwwって感じ。
    まぁガチのやつだと、突破できなそうだし
    ギャグ要素強めだし、あれで良かったんだと思うが。

    それにしてもキャメロン、ムキムキすぎ!
    色気っぽさが足りなかったなぁ
    アホっぽい男勝りな田舎娘っぽさ
    には合ってるけども

    それに、なんでジャービーをそんなに嫌ってるのか、いまいちピンとこなかった。
    逆恨みっぽかったんだよなー
    ケツのだるだるさはたまんないけどw

    暇つぶしに見るにはいいかなと

  • 真面目な美術コン・ゲームに思われるが徹頭徹尾コメディ。日本人の描かれ方は国辱的と言いたいくらいだが、最後に一本取ってチャラ。それ以外は大変楽しめる。
    全体に「ギャラリーフェイク」の前後編2話分くらいを見たような印象で、そう考えると「ギャラリーフェイク」という作品の物凄さを再確認する。

  • 最近コリン・ファースさんにハマっているので観ましたが、まあ普通でした。
    コリンさんの生足見れたのは良かったです(笑)

  • タイトル通りにあの著名な画家であるクロード・モネの作品である「積み藁」のついである作品を欲しがるハンス!ハンスと言ってもアラン・リックマンなのですが、どうもダイ・ハードのハンス・グルーバーのイメージが強すぎていまだにどんな作品を観てもビルから落ちていく彼の表情が浮かんでしまいます。

    「モネゲーム」
    https://www.youtube.com/watch?v=Fo2iVKGd_mg

    主演のコリン・ファースは問題は無いのだが、ヒロインがキャメロン・ディアスで脚本がコーエン兄弟と聞くと一抹の不安が……盗みなのか詐欺なのかその辺の境界線も解らずひたすらコメディだったような気がします…モネを主題に置きながらその絵画を奪うのに緻密さよりもお笑い……楽しく見れるのですが、少しくらいモネに敬意を!という感じでした

全93件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

モネ・ゲーム [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

モネ・ゲーム [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

モネ・ゲーム [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする