リンカーン [Blu-ray]

  • 83人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (8)
    • (15)
    • (4)
    • (2)
  • 10レビュー
監督 : スティーブン・スピルバーグ 
出演 : ダニエル・デイ=ルイス  サリー・フィールド  トミー・リー・ジョーンズ  ジョセフ・ゴードン=レヴィット  ハル・ホルブルック 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142975928

リンカーン [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。

  • 思ってたよりよっぽどカタイカタイ映画だった。

  • 理想とは、民主主義とは、リーダーとは、そして政治とは何かということを考えさせてくれる最良の映画の一つ。かつてある政治学者は民主主義は貴族的であると喝破したが、democracyは英雄を必要とすることを痛感させられる。

  • 南北戦争中の米国議会で、奴隷解放はされたが、それを謳った憲法の修正案が通るかという話。このままでは通らない可能性が高く、個別に通った暁の仕事を保証したりする。

    「人間は平等であるべきものである。人類の叡智が試されている」と言いつつ、やることは利益誘導でどうかと思う。

    人間平等こそが正義という問題もあるが、南北の覇権を巡る戦いでもあったはずた。
    そのあたりに切り込むと面白そうなんだが、言ってることは大きいのだが、やってることはせこくてちぐはぐ。

    映画はほとんど議会などの屋内で、暗い色調に動きがなく会話一辺倒の退屈な展開だ。よくまぁ退屈を恐れずの議論ドラマにしたものだと思う。ある意味斬新である。

    最後はぎりぎりで逆転して、高らかに音楽が鳴り響き、なんてアメリカはいい国なんでしょう となるのだが、今のアメリカは国民皆保険反対で平等は否定されている時代。そこで自画自賛されてもなぁと思う。

  • 11/10 流石!主演 最高の演技❗️

  • 歴史事実として、内容に真剣さを持つととても入り込めた作品。
    リーダーとしての苦悩を描く作品として、フィクション要素ももちろんあるだろうが、それでも事実を如実に描いているからこその、流れなのだと思う。

  • 入り込めなかった、、、セリフ量が多いのと、盛り上がりに欠ける話だったので、見るのに疲れてしまったし、飽きてしまった。

  • なんかリンカーンの良い所ばかり描かれて、リンカーンの残虐な部分とか描かれてなく、かなり物足りない。

    時代背景や法案を通すための双方のやり取りなどは忠実で見応えあり。

    歴史物を描くならばできれば闇の部分も引っ括めて描いて欲しい所だ。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

リンカーン [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

リンカーン [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

リンカーン [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

リンカーン [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする