六枚のとんかつ (講談社文庫) [Kindle]

  • 12人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 蘇部健一
  • 講談社 (2002年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (292ページ)

六枚のとんかつ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • これがバカミスの原点か…。確かに物凄いバカでしたが、どちらかというとアッサリとした小粒な面白さでした。しかしいかんせんネタが割れるのが早すぎる。四国とか、ガッツ石松とか、出オチにも程があります。個人的にはバカミスはミスリードの果てにネタが割れた時の笑撃があるのが好きなので(どんどん橋とか○○○○○○○○殺人事件とか)、もうちょっと騙しを入れるというか、引っ張って欲しかったです。ただ要所に差し込まれる容赦のない下ネタはくだらなくて好き。笑えるミステリは楽しいのでバカミスの系譜が続く事を願うばかりです。

  • 始球式というほどのインパクトもなく。
    15編の短編で次はおもしろいかなと思いつつ最後までおもしろいと思える話がなかった。トリックはよくできてるんだけどキャラが好きになれなかったからこれはもう個人的好みの問題だな。

  • バカミスと言われてたので。連作短編集。
    第一章の、ガッツ石松のネタからして目眩がしたけども(アホらしくて)、なんとか最後まで読了。
    ホントにあほらしいものから、アリバイトリック・新本格のパロディなど、内容は多岐に渡るので楽しめました。
    基本的にアホすぎるけども・・・・。
    投げ出したくなる人もいるだろうなぁw

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

六枚のとんかつ (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

六枚のとんかつ (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

六枚のとんかつ (講談社文庫)はこんな電子書籍です

六枚のとんかつ (講談社文庫)の文庫

六枚のとんかつ (講談社文庫)の新書

ツイートする