トリック劇場版 ラストステージ 超完全版(本編DVD&特典DVD2枚組)

  • 154人登録
  • 3.48評価
    • (7)
    • (28)
    • (37)
    • (5)
    • (0)
  • 38レビュー
監督 : 堤幸彦 
出演 : 仲間由紀恵  阿部 寛  生瀬勝久  野際陽子  東山紀之 
  • 東宝 (2014年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104850171

トリック劇場版 ラストステージ 超完全版(本編DVD&特典DVD2枚組)の感想・レビュー・書評

  • ラストを見たらシリーズをもう一度見返したくなった。
    ギャグは抑え目で結構シリアス、
    最初のころのトリックの雰囲気に近いように思った。
    このコンビが好きやな~と再確認しました。
    あの続き…どうなるのか気になる…。

  • 人気シリーズの劇場版第4作目です。
    物語の舞台は海外の秘境。またしても上田にそ
    そのかされマレーシアにやってきた山田が地元
    の部族が信奉する女呪術師と対決するはめに。
    山田は「霊能者は存在しない」と持論するが呪
    術師匠との対決を機に自分の生い立ちの秘密と
    その真相に直面し、考えに変化が起こります。
    これまでつかず離れずの微妙な関係だった山田
    と上田には感涙必至のクライマックスが待ち受
    けています。
    笑いあり、小ネタ満載で最後には感動もありの
    完結編で観た後はまだまだ続けて欲しいという
    気持ちが湧き上がりました。
    仲間由紀恵さんと阿部寛さんのコンビが最高に
    面白かったです。

  • 上田は村上商事のレアアース採掘事業部から、赤道スンガイ共和国の住民立ち退きを進める為、現地で信仰されている呪術師のいかさまを暴いて欲しいとの依頼を受ける。
    なんか今回の映画は込み入ったトリックがある様な感じではなかったですね。ラストの記憶喪失で見つかったという女性が山田で、上田の前に現れた時には記憶リセットされてるってことですよね。ラストと言いつつ続きそうな余地を残した感じですか。

  • なんだっけ?トリックシリーズあんまり好きじゃなくて印象がない。。。

  • レンタルビデオにて。いつものTRICKワールドは健在で楽しめた上、最後の教授の表情は実に良かった。多分またやると思うのでゆるく楽しむ作品かなと。

  • 舞台は架空の某国、という設定だが、航空機がマレーシア航空だったり、現地の人々が話す言葉には間違うことなく、マレー・インドネシア語....。

  • 舞台が海外だし、謎解きに比重が置かれてないしで、トリックらしからぬ作品だが、これだけ長きに渡って続いてきたシリーズを終わらせるには致し方ないのかな。

    内容は薄いけど、とりあえず、綺麗に終わってたので、オールオッケーでした。

  • テレビシリーズを楽しく見ていました。正直、少し物足りなかった。でも、終わりかと思うと残念です。

  • なんだかんだで面白かった。

  • 2015/4/23 トリックは大好きなドラマだったからラストステージというと寂しい。山田&上田コンビ やっぱり面白い!2人とも年齢重ね 大物俳優になったから トリックって 笑いありドラマで2人をなかなか観れる機会なくて…まさかのラストだったけど…昔のシーンとか すごく懐かしかった。色々 パロディもあり でも シリアスだったから
    良かったけど…終わっちゃうの?って淋しさ残りましたが、上田(阿部寛)のラストの涙目に思わず泣けてしまった 悲しいけど…うまいラストシーンでした。

  • ほぼ観てないけどまあいいか。

    2015.4.5 自宅にて観賞

  • 最後がよくて、とても気に入りました。

  • トリックは自分の中ですごく面白い時期があった。
    最近はいまいちだなと思っていたのでここで終わるのはそれもありかと感じていたが、やはり何となく寂しい気持ちもあった。

  • 役目を受け継ぐということ。
    自己犠牲で死ぬことで聖人になる。

  • 小ネタ満載で期待を裏切らない良作でした。
    締めもファンとしては嬉しい終わり方でよかった。

  • 「日曜洋画劇場」にて。ストーリーもギャグもどんどん過剰な方向に逸れていったこのシリーズに、もはや何も期待するものはないと思っていましたが、本作は意外なほど抑制が利いたおとなしい作品でなかなか好感が持てました。

    黒幕は簡単に察しがつくし、そこに仕組まれた陰謀やトリックもとこじんまりしたもの。ギャグの過剰な上滑り感もかなり抑えられています。派手な大団円ではなく、じわじわと終幕に向かっていく感じが良く、エンディングを阿部寛の表情だけで見せる演出もグッドでした。

    とにかく仲間由紀恵の美貌が衰える前にシリーズが完結してよかったなぁ(しみじみ)

  • 観るまでは、何となく「又、あるんじゃないのぉ」とか思ってた。でも…ギャグも少な目、ストーリーも比較的シリアス路線。そして迎えたラスト。どこかで見た!見た見た!月光が流れるなか、走馬灯のように流れる今までのシーン。そして…。あ!最初だっ!二人の最初の出合いだ!こんなラストシーンになるとは!
    最後にしてこの演出。ニクいなぁ、でももう本当に最後なのね…と痛感させられ涙が出てきました。

  •  2000年にスタートした仲間由紀恵、阿部寛主演の人気TVシリーズの劇場版第4弾にして14年に渡ったシリーズの完結編。生瀬勝久、野際陽子らレギュラー陣に加え、東山紀之、北村一輝、水原希子ら豪華ゲストも登場し、シリーズ初の海外を舞台に、ヒロイン山田奈緒子の最後の謎解きの冒険を描く。監督は引き続き堤幸彦。
     ある日、天才物理学者・上田次郎のもとに、村上商事の加賀美慎一からある依頼が持ち込まれる。それは、とある海外の秘境にあるレアアースの採掘に協力して欲しいというもの。村上商事が採掘権を獲得した場所で、地元部族の妨害に遭っているというのだ。彼らを扇動しているのは謎めいた呪術師の女とのこと。上田は不思議な力を披露して人心を掌握する呪術師のトリックを見破る必要があると考え、自称超売れっ子天才美人マジシャンの山田奈緒子を旅に同行させることにするのだったが…。

  • あの2人が帰ってきた?いつもは何となく見ているのですが、ラストということで、まじめに見ました。なかなか今回は見応えがあったかな。ちょっとジーンとくるとこもあったり。やっぱり、ラストシーンが良かったです。ドラマとか、全然見てませんでしたが、このラストを見て、良い作品だったなと思いました。

  • TV放送の録画視聴。前半15分撮り損ね…

    不覚にもラストにかけて泣いちゃったよ…!
    エンディングで軌跡を流して、最後に出会いを引っ張って来るのはずるいでしょー(T_T)

    今回、対決テイストではなく、霊能力に特大フィーチャーというわけでもなく。
    南の島を堪能して、謎解きもあっさりめ。
    ラストステージ?ということで、メインはやっぱり上田と山田!
    山田の始末の付け方を選ぶ覚悟と、山田を待つ上田とがカッコいいんですけど!
    今までのキャラもオールスター集合で楽しいw

  • 海外・赤道スンガイ共和国の鉱物採掘権を欲する村上商事と、村の呪術師ボノイズンミを信奉し村を立ち退かない住人たち。村上商事社長が呪いによって上田次郎の目の前で怪死し、加賀美(東山紀之)と共に上田・山田コンビは一路海外ムッシュム・ラー村へ。現地にはなんと警視庁の矢部・秋葉コンビも。

    シリーズ初の海外ロケ、ジャングル奥地のなんとも言えない湿度の高い雰囲気がTRICKの世界観にマッチしている・・・割に本編がなんともサラサラっと終わってしまった印象。呪術師との対決から真相までもテーマがありきたりな感じがしたし、小ネタもこれ!というものがあまりなくゲスト陣も個性薄め、現地の人たちの空気頼み、な、物足りなさ。呪術師と山田があまりにもストン、ストンと意思疎通して真相をストン、ストンと言葉で説明をつけてしまうあたりも駆け足というかなー。。。

    OPのフーディーニの話と箱脱出トリックの話、からのラスト(シリーズラストとしての上田山田の場面)は綺麗に伏線回収して14年分の落としどころとしてはとても綺麗だと思うのだけど。

  • どうしてだろうこんなにくだらないのにバックミュージックと回想シーンを組み合わせただけで感動的な話になってしまうのは

    にしても北村さん堤監督に愛されてますな!

  • トリックシリーズ、“最後"の劇場版。

  • ラスト じんわりー…。



    東の地味さが不思議だったが…

    抑えておったのね。

    おもろいのに、締めるところは締めるのね。

    哀しかったわ…。

  • 楽しい作品。
    くだらないギャグ、ナンセンス。トリックらしい。

全38件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

トリック劇場版 ラストステージ 超完全版(本編DVD&特典DVD2枚組)を本棚に「観たい」で登録しているひと

トリック劇場版 ラストステージ 超完全版(本編DVD&特典DVD2枚組)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

トリック劇場版 ラストステージ 超完全版(本編DVD&特典DVD2枚組)はこんな映画です

ツイートする