BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 61人登録
  • 4.22評価
    • (8)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 石塚真一
  • 小学館 (2015年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ≪良くなっている。
    ボクは君のドラムを、
    成長する君のドラムを聴きに来ているんだ。
    君のドラムはどんどん良くなっている。≫


    BLUE GIANT 第7巻。
    ドラムの玉田君のことを、ずっと見ていてくれたお客様から声をかけられて、「玉田君、報われた!よかった」となったの巻。

    巻末のハービー・ハンコックとウェイン・ショーターへのインタビューも面白かった。

    ≪W:ああ、すべての音だ。音楽は歌うように演奏しろ、とはよくいうことだが。練習は楽器がなくても勝手に作り上げてやることができた。

    H:口で歌って練習してたのか?

    W:ああ、そうだ。クレイジーなことをすればいいんだ。≫


    上記ようなやりとりがあった。BLUE GIANTの著者石塚さんも、インタビューにあたり準備をしていたのかなと思った。

  • なんか意外な終わり方したなぁ。
    ていうか終わってない(笑)。
    まさか仲間が事故るとは。そして解散→留学で終わるとか。
    それで、本当のラストはこの続きのsupremeシリーズに持ち越されたんだろうけど、微妙ー!
    一応、終わってはいるけどね。キレイに。

  • 玉田のモチベーションが上がるイベントがあり、
    全員がそれなりの格好がついた所でソーブルーのお話。
    と言うか、沢辺のお話。
    そして、公には初の躓きかな。
    とは言え、バンドとしては全くなんだけど、
    この辺の描き方は上手いとは思ったり。
    しかし、この後の復活がどうなるのかまだまだ目が離せないのでありました。

  • ピアノのイケメンがボロクソに言われるも、真摯に受け止め成長するんだね!という流れ。

    でもさ、指摘事項があまりに人間性の根幹部分過ぎて、いまさら治せないでしょそこ、って部分だからなぁ。今までの人生全否定されてるのに近いから、普通は治らんわな。

    でもマンガだからそこは。

    というわけでおそらく人生初の挫折を味わい、一歩成長しながらより高みを目指していくであろうこれからの展開に期待。

  • 沢辺は、化けるのか?

  • ジャズをしたくなる!
    本の中に少し出てきたトムウェイツ。
    独特だけど人情的なミュージシャン!

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

BLUE GIANT(7) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする