夜と霧 新版

  • 7104人登録
  • 4.22評価
    • (1140)
    • (710)
    • (505)
    • (41)
    • (10)
  • 927レビュー
制作 : 池田 香代子 
Hikariさん 哲学   読み終わった 

★2014年4月30日

「生きる」とは何か。
この薄い本の中に、究極の体験から導き出された答えがある。
この本に出会うのに、こんなに長くかかった意味を思う。
高校生の時に出会って感銘を受けた、というような感想を目にするに付け、自分にはこの本を理解できる時に出会うため、これほど長い準備期間が必要だったのだなぁと思う。

きっかけは、先月読んだ『神様のカルテ』だ。やりたいことがみつからない屋久杉君に、ハルさんが勧めていた。屋久杉君はこの本をきっかけに変わっていく。何が書いてあるのか?と気になった。

生きることに意味があるのではない。
生きることが、私たちにどういう意味を持たせるか?と問いかけているのだ。
コペルニクス的変換!

今ここでアドラー心理学にようやくたどりついた!
人生の神秘を思わずにはいられない一冊。

レビュー投稿日
2014年5月3日
読了日
2014年4月30日
本棚登録日
2014年5月3日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜と霧 新版』のレビューをもっとみる

『夜と霧 新版』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする