竹中治堅のおすすめランキング

プロフィール

竹中 治堅(たけなか はるかた)
スタンフォード大学政治学部博士課程修了、Ph.D.(政治学)を取得。スタンフォード大学客員研究員などを経て、現在:政策研究大学院大学教授。専門は日本政治論、比較政治学。主著:『参議院とは何か――1947~2010』(中央公論新社、2010年、大佛次郎論壇賞受賞)、『首相支配――日本政治の変貌』(中公新書、2006年)など。

「2017年 『二つの政権交代 政策は変わったのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹中治堅のおすすめランキングのアイテム一覧

竹中治堅のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)』や『参議院とは何か 1947~2010 (中公叢書)』や『日本経済の記録 歴史編 第3巻 (バブル/デフレ期の日本経済と経済政策) 時代証言集(オーラル・ヒストリー) (バブル デフレ期の日本経済と経済政策)』など竹中治堅の全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)

239
3.81
竹中治堅 2006年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書の要約  一般的に一連の小泉改革は彼個人の人気・指導力によって為されたという認識が強い。しかし本書は一般的認識とは別の観点から、なぜ小泉改革が可... もっと読む

参議院とは何か 1947~2010 (中公叢書)

104
4.00
竹中治堅 2010年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは、盲点を突かれる感じで面白かった!参議院は、衆議院のように、内閣との間に連帯責任がない分、それを逆手にとって政局を作り出し、法案を通過させる邪魔をす... もっと読む

戦前日本における民主化の挫折―民主化途上体制崩壊の分析

4
4.00
竹中治堅 2002年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは、知的刺激に満ちていて、本当に面白かった! 戦前の日本が民主化出来ず、それが途中で崩壊し軍部の台頭を許すに至った過程が詳細に分析されていた。 ち... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
ツイートする