越境の声

著者 :
  • 岩波書店
3.81
  • (5)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000222761

作品紹介・あらすじ

青木保、大江健三郎、多和田葉子、富岡幸一郎、沼野充義、莫言、水村美苗の各氏との対話を軸に、西洋出身者として初めて現代日本文学作家である著者が、自らの体験をふり返りながら、"越境"によって切り拓かれる文学の最先端を縦横に語る。にじみと重なり、ゆらぎと移動、取り込みと融合がある複雑で動的な"越境"の現実から、いかなる文学が生まれるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 我々がいかに「一国」の視点(日本国、日本人、日本語母語者)に依ってものを考えているかを痛感。
    特に言葉と文化で一つの領域に固まって生きていることが、こんなに自然で支配的なんだと。良くも悪くもコスモポリタン、マルチカルチャリズム(多文化主義)を徹底して理念通り実践することの困難さも。

    ただ著者のように(多和田葉子さんも?)、「言葉と文化」の領域を越境(※)して渡ってきた人物が、こうしてきちんと評価を得て生活されていることに、人類の新しい枠組み(『国家』・『国民』感を超えたもの)を提示されているようにも感じる。
    (※ 西洋白色人種からアジア黄色人種文化への越境という自体そのものが、まずは衝撃の一つだったが)

    本そのものは著者のエッセイ、対談集。ただ文学の世界にとどまらない、人間の暮らしていく集団(カテゴリー)を考える上で示唆に富む一冊かと。

  • 2009/11/26購入

  • 青木保、大江健三郎、多和田葉子らとの対話を軸に、西洋出身者として初めての現代日本文学作家である著者が、自らの体験を振り返りながら、「越境」によって切り拓かれる文学の最先端を縦横に語る。

全3件中 1 - 3件を表示

リービ英雄の作品

ツイートする