グアバの香り――ガルシア=マルケスとの対話

制作 : P.A.メンドーサ  木村 榮一 
  • 岩波書店
3.76
  • (3)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000226370

作品紹介・あらすじ

ノーベル賞作家にして稀代の語り部ガルシア=マルケスが、長年の親友である作家・ジャーナリストのメンドーサを相手に膝を交えて語り尽くす、自らの生い立ちや文学への目覚め、若い頃の習作時代、いかにして『百年の孤独』は生まれたか、そして成功後の名声がもたらしたもの、…。作家と作品をより深く知る上で必読のエピソードが満載の、一九八二年、幻の名対談。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マルケスの人となりや作品に対する思いが率直に伝わる対談集。
    マルケス自身が作品のような気がしてきました。
    寛いだ雰囲気の中で、のびのびと語り合うお2人が目に浮かぶようです。
    作品とともにオススメしたい1冊。

  • もっと文庫に、、、

    岩波書店のPR
    「ノーベル賞作家にして稀代の語り部ガルシア=マルケスが、長年の親友である作家・ジャーナリストのメンドーサを相手に膝を交えて語り尽くす、自らの生い立ち、家族、文学への目覚め、習作時代、いかにして『百年の孤独』は生まれたか、そして成功後の名声がもたらしたもの、……。作家と作品をより深く知る上で必読のエピソードが満載の1982年の名対談、初完訳。 」

    • umitotanpopoさん
      ぬおぉぉぉっっっ!(笑)こ、これはっ必読ですねぇ。
      マルケスの自伝的要素が色濃いとされている『生きて、語り伝える』は未読なんですが、こっちの...
      ぬおぉぉぉっっっ!(笑)こ、これはっ必読ですねぇ。
      マルケスの自伝的要素が色濃いとされている『生きて、語り伝える』は未読なんですが、こっちの方が値段が良心的や(笑)
      新潮社としては新装版を売りたいんでしょうから、当分出ませんよね、文庫……。新潮社は外文の文庫、わりとあっさり絶版にしてしまうので困ります。
      2013/08/27
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「『生きて、語り伝える』は未読なんですが」
      私もです。。。
      文庫化の基準?をクリアしない=売れていないのでしょうね、、、
      小説以外で読む(予...
      「『生きて、語り伝える』は未読なんですが」
      私もです。。。
      文庫化の基準?をクリアしない=売れていないのでしょうね、、、
      小説以外で読む(予定)のは「戒厳令下チリ潜入記」(岩波新書)以来かな?
      2013/08/28
  • 記者時代からの長年の親友メンドーサ氏との対談。親しい関係のため質問がとても的確で、かつ読者が知りたい部分を深く質問されている。またガルシア=マルケス氏も誠実に答えていて、彼の声が聴こえてくるような1冊であった。友人を大切にし家族に支えられ名作の背景や魅力的な人柄に触れる事ができる。ラテンアメリカを描き続け社会的にも様々にかかわって来たゆえに、彼の小説からは土地の香りがするのかなと思った。『百年の孤独』の英語訳をとても褒めていて、読めないながらも見てみたいと思った。

  • *(注意)いつものまとまりが無い個人の感想と戯言でしかも長いです!

    ガルシア=マルケスと親友でかつ記者時代の同僚でもあった作家・ジャーナリストのメンドーサとのノーベル賞受賞前(1982年)の対談。

    『百年の孤独』、『族長の秋』を読み終った直後(本当は『予告された殺人の記録』も読了しているともっといいはず)にこの本を読んだが途轍もなく面白かった。それぞれの作品が生まれた背景や執筆時の問題とその解決方法といったことも答えられていて、今後再読するときにより深く理解するためのヒントが沢山散りばめられていた。

    それにしても、書きたいと思ってから書き上げるまでに掛かった時間が『百年の孤独』は15年、『族長の秋』で17年、『予告された殺人の記録』で30年とスケールが違う。それだけの期間経ったら題材も古くなったりしそうだが、それについてガルシア=マルケスは「長年放置しておいて消えてしまうようなテーマには興味がないんだ。(いいアイデアは)時間の風化作用に耐え抜くんだな。そうなると、あとはもう書くより仕方がない。」と答えていてなんともカッコいい。更にこの対談から三十年以上たつけど、今読んでも全く風化しているとは感じないのもまた凄い。

    対談の中で特に印象に残ったのは、『族長の秋』が「ぼかして書いた自伝・告白の書」であると言っている箇所。他のラテンアメリカの作家の多くと同様に政治に関与をしていたりもするが、対談や経歴からは権力を欲しがるような感じは微塵も無いし、家庭を含め権力を振り翳す感じも全く無く独裁者とは正反対に位置するとしか思えないので意外だった。ただその後を読むと、権力がもたらす孤独と名声がもたらす孤独は似ているとある。『百年の孤独』で得た名声から権力者が感じるのと同じような「誰を信じればいいんだ?」という不安が生じそれが極端に膨れ上がると錯乱し「自分はいったい誰なんだ?」の問いに行きつくのではと意識したらしい。有名になったお陰でそれに気づくことができ族長を創造する上で役立ったとある。でもそれ以上に「ぼかして書いた自伝・告白の書」といった真意は、「(作家は)執筆中の作品に関しては、誰にも助けてもらえない」「作家の仕事ほど孤独なものはない」「白紙を前にして作家は絶対的な孤独と向き合うんだ」と語ったほうに関係すると感じた。『族長の秋』は独裁者の孤独を描いているけど、そこに作家としての自分の孤独を(直接的には分からないようにぼかして)重ねたことで、あのリアリティと迫力が出たのでは素人ながらに思った。更にそれによって特異な独裁者の孤独だけが描かれているのでは無く人間のより普遍的な孤独の本質的な部分にも触れているから広く愛され永く読み継がれているのかもとド素人ながらに想像した。また、飛躍した考えかも知れないが、執筆中の作品の中の世界において作家は独裁者であると言えるのではと(私が勝手に)思いそれとも関係しているような気がしている。

    後、解説にも書かれているけどガルシア=マルケスの記憶している情報量が凄まじい。子供の頃のこと二十代や三十代の頃のことも昨日あった出来事のように鮮明に話す。まあ、だからこそ「ぼくの小説には現実に基づいていない箇所はただの一行もない」と言いきれるのだろうなあ~と(昨日のことも覚束ない私から見たら驚異的である)。

    訳者の解説も本文では触れていない情報が盛り込まれていて面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

G.ガルシア=マルケスの作品

ツイートする