エックハルト説教集 (岩波文庫)

制作 : 田島 照久 
  • 岩波書店
3.58
  • (8)
  • (5)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003381618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以下引用

    わたしを離れては、あなたがたは何もできない(キリスト)

    人は自分自身を捨て去ることにより、キリストと、神と、浄福と、神聖とをみずからの内へ迎え入れる

    時間がその果てに到る時、つまり、時間が永遠の内へと入るとき。そこでは一切の時間が終りを告げ、そこには以前も以後もない。そこにあるものは、すべて現なるものであり、新たなものである。そこにあるものは、すべて現なるものであり、新たなものである。かつて生起したものも、これから生起するものも、あなたはここではひとつの現なる直観の内でつかむ-これが時が満ちるということ

    あるものをわたしのために、わたしの名のために捨てる者には、わたしはその百倍を返し与え、さらに永遠の命をつけ加える

    神のためにすべてのことを耐えるより、神以外の何ものも受け入れないことの方がはるかに価値あること

    わたしは生きているが、わたしが生きるのではない、キリストがわたしの内で生きるのである

    真の離脱とは、鉛でできた山が少々の風にはびくともしないで不動であるように、襲いくるあらゆる愛や悲しみ、名誉や恥辱や、誹謗に対して、精神が不動であること

  • 少し仏教に通じるところがある。

  • エックハルトが民衆に語った説教であるが、相当難解で、民衆がそれを理解することができたかどうかは不明・・・。

    主に、聖書の解釈が中心であるが、その解釈の仕方がエックハルト独特の哲学的語りによって示されていく。

    自分を棄てて空にする「離脱」
    そして、あらゆる被造物から自己を遠ざけて、神そのものへと向かっていく。
    そこに神が流れ込む。

    心が軽やかになるのを感じました。

  • フリーペーパーで紹介されてた。
    『インナートリップへの指南』

  • 「彼らは死して有る。」
    死ゆえに人の苦労はいつか終わる、故に苦労や辛さを恐れる必要はない。
    「人が捨て去る事の出来る最高にして究極のものとは、神のために神を捨て去るということである。」
    無条件の愛こそが神への愛、与えられるものではなく存在そのものへの敬愛。
    誰かに対する愛にも同じ事が言えるのだろう。
    何かをしてくれたからその人が好きになる、では不完全なのだ。

    全部読むにはドープでマッドな精神状態が必要なのかもしれない。

  • “宗教には幅とか領域とか広さっていうことの他に、深さっていう概念が通用する。しかし、唯物論はもう、非常に平らな表面だっていうことですね。~それはもう深さっていったらこれほど深い本はないぞっていう深さがありますね”(悪人正機/吉本隆明より)

  • 評価をどうつければよいのかわからなかった。クリスマスシーズンということで、一生懸命ラストスパートを掛けて読み切った。読み切るのになんと1年半もかかった。私のもてる限りの知力と感性を駆使して真剣に読んだが、半分はわからなかった。この本はエックハルトというキリスト者の説教をまとめたもの。しかしながら聖書とはちょっと違う。独特の世界が広がっている。非常に感銘を受ける一節もいくつかあったが、正直なところキリスト者でない私には理解できない部分が多々あった。しかしながら、信仰について興味がある人にはオススメ。でも正直なところ私としてはこちらの方がオススメ。

  • 先生があまりにもやる気のない方だったためにやめた授業の課題書。だったためにおきっぱなしにしてたんですが読むと中々興味深い。多少の前提知識があれば、ゆっくりなら読めます。キリスト者でなくとも納得できる説教かなぁとか。岩波はこういう本が安く手に入るので敷居が低くて良いです。ハードカバーなんてかえないからね学生は…!

  • 画家・小林正人の展覧会を見て、思わず読み直した1冊。小林氏の絵画のキーワード「単一性」は、ジャッドなどの言うモダニズムの言説での扱われ方よりは、エックハルトの言う「一成るもの」の概念に近いと思う。

全11件中 1 - 10件を表示

エックハルトの作品

エックハルト説教集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする