英国流立身出世と教育 (岩波新書)

著者 : 小池滋
  • 岩波書店 (1992年6月19日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 26人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004302346

作品紹介

「身をたて名をあげ、やよはげめよ」。これを合言葉に誰もが立身出世を夢みて刻苦勉励したのは、もう一つの島国イギリスでも同じであった。ディケンズ、ブロンテ姉妹、サッカレー、ロレンスなどの作品を題材に、教育という美名の陰にひそむ建前と本音を鮮やかに描き出して、1億総中流の幻想にうかれる現代日本人にも鋭い疑問を投げかける。

英国流立身出世と教育 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヴィクトリア朝イギリス期における教育制度の拡充について、英国民的作家チャールズ・ディケンズの小説等をもとに、その実情を語らしめたもの。パブリックスクール、慈善学校、ガヴァネス(住み込みの家庭教師)、小学校教員、階級的な根無し草となってしまった出世組について叙述されている。平易な叙述でどんどん読めるけれども、出世組からみた上層階層に対するルサンチマンを暴くので、痛い内容でもある。ただ、本書で触れられないが、無能な上流階級の人間が、これら有能な出世組を、逆にどのように見ていたのかは興味がある。

  • 産業革命を生み、セルフ・ヘルプを唱えたヴィクトリア朝英国の教育が如何なるものだったのかをディケンズ、ブロンテ姉妹、ロレンスを挙げつつ論じる。人を教育する、しかも公的機関が人を教育するという営みに付きまとう偽善に果敢に立ち向かうのは、やはりやくざ者の代表、つまり文学者だった。本著の言葉、「すぐれた文学というのは、何も高邁な理想の松明を掲げ、時代を大胆に先取りしたものばかりを言うのではない。栄光や前向きの姿勢の下の方に、低迷趣味や醜悪・汚穢の暴露というような「かす」や「おり」が、玉の盃の底に沈んでいる。その苦味をも時には味わってみるべきではないか。美酒のうわずみだけをすすって酔っているのでは、人生の本当の味はわからないのだから」。

全2件中 1 - 2件を表示

小池滋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
J・モーティマー...
宮部 みゆき
マーク・ピーター...
マーク ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

英国流立身出世と教育 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする