日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.77
  • (14)
  • (26)
  • (20)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 300
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004316503

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中で挫折しそうになったら、是非「あとがき」を読んで欲しい!

    筆者の目指す「青年期の学問」を経た「老年期の学問」について述べられており、その学問の大成として一般的なテーマについて〝総論〟を書き上げようと試みることが書かれている。

    また、かつて筆者が病を患った際に夏目漱石に触れたこと。
    大患期の漱石がウィリアム・ジェームズの『多元的宇宙』やレスター・ウォード『力学的社会学』を読み通し、批評までしていることに驚き、筆者自身も今回のテーマに繋がるバジョットの『自然学と政治学』を読んでみよう、と考える。
    こういう偶然の連なりってあると思うし、一冊の本を世に出す姿勢として、感動させられた。

    「序章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか」
    「第一章 なぜ日本に政党政治が成立したのか」
    「第二章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか」
    「第三章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか」
    「第四章 日本の近代にとって天皇制とは何であったか」
    「終章 近代の歩みから考える日本の将来」

    バジョットの鍵概念「議論による統治」を下地に、自由なコミュニケーションの拡大としての「貿易」と、異質な文化とのコミュニケーションとしての「植民地」の二つの概念を抽出する。

    近代に踏み出した日本は、スタート地点から既に取り返せない程の差が付けられていた。
    そうして、社会的「機能」に重点を置き、国民をその「機能」を全う出来る労働者へと教育する。

    また、アジア唯一の植民地保有国となり、今日までその禍根は残るわけだが、西洋の遠く離れた植民地とは違い、日本のそれにはアジアという「地域主義」に目を向けられたものであった。
    それは冷戦時代には都合良く利用されるわけだが、今日のイスラム世界を見ていると、「国家主義」に席巻する力があるのではないかと考えさせられる。

    更に、西欧諸国におけるキリスト教を日本にはない「宗教システム」と見て、神の代理存在として「天皇」を象っていく。
    こうした「機能」だけを西欧に擬えても、そこに至るまでの時間や過程、つまり成熟?という部分を飛ばしてしまってもいる。
    明治維新で、日本が国として世界に存在意義を問うていかざるを得なくなったこと。
    この時代に生きる人達の、その切実さは胸に迫るものがある。しかし、歴史の流れが一つ断ち切られたように感じるものは何なのか。そこに、根本的な弱さが含まれているように感じてしまう。

    終章の問題提起も、面白い。

    「戦後日本は国民主権を前提とする『強兵』なき『富国』路線を追求することによって、新しい日本近代を形成したのです。……(中略)ところが『強兵』なき『富国』路線の自明性に根本的な疑問を投げかけたのが二〇一一年三月一一日に起きた東日本大震災と原発事故でした。」

  • 19世紀後半のイギリス人ジャーナリスト、ウォルター=バジョットの近代概念である「議論による統治」「貿易」「植民地化」といったキーワードに照らしながら「日本の近代とは何であったか」を考察した著作。

    以上の視点を踏まえて本書は

    ・日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか
    ・なぜ日本に政党政治が成立したのか
    ・なぜ日本に資本主義が形成されたのか
    ・日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか
    ・日本の近代にとって天皇制とは何であったか
    ・近代の歩みから考える日本の将来

    の各章から構成されている。

    近代日本の歴史的意義について「もし日本の近代に何らかの歴史的独創性を認めるとすれば、少なくとも東アジアにおいては、それが前例のないヨーロッパ化の実験であった」と述べられている部分は興味深かった。近代の日本には将来到達すべき目標はあっても到達するための過程や方法は不明だった。「ヨーロッパそのものは反復不可能な一回的な歴史的実態です。日本はそれをそのまま再形成することはできません。日本は自らをヨーロッパ化する実験に先立って、それを可能にするようなヨーロッパのイメージを持たなければなりませんでした」という箇所からは科学的な歴史観とでもいうような印象を受けた。

    ただ、自身の不勉強からくるものもあるだろうが、個人的には思っていたのと違う内容の展開のせいもあってハードルの高さを感じた。

  • 新書大賞2018年の第3位。
    第1位は先日読んだ『バッタを倒しにアフリカへ』で第2位は河合雅司さん『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』、この二つは僅差で、第3位以下に圧倒的に差をつけたそうです。

    しかしこの『日本の近代とは何であったか』は、
    有識者票だけのランキングにしたら、なんと第1位なんですって!
    有識者には『中央公論』に登場・寄稿する政治学者・経済学者が多く、その方たちが圧倒的に三谷さんの『日本の近代』を推していたそうです。

    内容は「政党政治を生み出し、資本主義を構築し、植民地帝国を出現させ、天皇制を精神的枠組みとした日本の近代。バジョットが提示したヨーロッパの「近代」概念に照らしながら、これら四つの成り立ちについて解き明かしていく」というもの。

    内容の素晴らしさもさることながら、著者がこの本の執筆を受けたのが出版の14年前で、10年前に大病を患い、12時間に及ぶ大手術と二か月の病院生活を経験、回復期に漱石の『思ひだすことなど』を読み、その姿を自身に照らし合わせ、バジョットを読み直し、無事にこの本を完成させたのです。

    三谷太一郎さんは現在81歳。
    そのあとがきを読んで、「有識者の皆さんは三谷さんの生き方にも共感しているのでは?」と思いました。
    私も、自分の身近の人を思い、物思いにふけっているところです。

  • 著者の三谷太一郎氏は、日本政治外交史を専門とし、東大法学部学部長も務めた政治学者・歴史学者。
    本書は、明治維新後の日本の近代化を、政党政治、資本主義、植民地化、天皇制という4つの切り口から考察したものである。尚、「近代」の概念については、19世紀後半の英ジャーナリスト・W.バジョットを引用し、「「慣習の支配」する「前近代」から、貿易と植民地化を変革要因として、「議論による統治」の確立したのが「近代」」としている。
    4つの切り口の主な分析は以下である。
    ◆政党政治・・・明治憲法下での体制原理ともいえる日本の立憲主義は「権力分立制」と「議会制」を基礎にしているが、幕藩体制の中に既に、「合議制」、「権力分散メカニズム」、「相互的監視機能」として、立憲主義を受け入れる条件が準備されていた。更に、明治憲法の特質であった分権主義的な体制を統合するためには、非制度的な主体の役割が求められたが、それは、藩閥と政党が自らの限界を認識した結果相互接近することにより、政党が幕府的存在化し、複数政党制が出現することになった。しかし、大正の終わりに本格作動した政党政治は、1930年代初頭には「立憲デモクラシー」から「立憲的独裁」に変質していった。
    ◆資本主義・・・明治維新後の日本は、外資導入に不利な不平等条約下にあったため、「自立的資本主義」に向かわざるを得なかった。それを可能にしたのは、①政府主導の殖産興業政策、②国家資本の源泉としての租税制度、③資本主義を担う労働力の育成、④対外平和の確保の4つであり、その「自立的資本主義」は、「消極的外債政策」、「保護主義的産業政策」、「対外的妥協政策」という特徴があった。日清戦争後~日露戦争時は、不平等条約の改正、金本位制の確立等を背景に、「国際的資本主義」に移行しつつ、外債依存度が増大したが、その後の世界恐慌、満州事変等により、各国で国家資本・経済ナショナリズムの台頭が起こり、国際的資本主義は崩壊した。
    ◆植民地化・・・日清戦争後、欧米の「自由貿易帝国主義(非公式植民地帝国)」に対し、まだ最恵国条款が得られなかった日本は「公式植民地帝国」を目指さざるを得なかった。満州事変後には、「帝国主義」に代わるイデオロギーとして「地域主義」が台頭してきたが、それは、「民族主義」の対立概念として、東亜新秩序を基礎付け、日本の対外膨張を追認・正当化する役割も担った。
    ◆天皇制・・・日本では、ヨーロッパ近代化の軸となる「キリスト教」に代わるものとして、「天皇制」が位置付けられた。「天皇制」は、聖俗が分離したヨーロッパと異なって、それらが一体化したものであった。天皇の「神聖不可侵性」は、明治憲法では明確化することはできず、「教育勅語」で明示する策をとった。太平洋戦争後は、教育勅語が廃止されるとともに新憲法が施行され、天皇制の役割は変化した。
    そして、これからの日本が進むべき道として、「重要なのは各国・各地域のデモクラシーの実質的な担い手です。また、デモクラシーにとっての平和の必要を知る「能動的な人民」の国境を越えた多様な国際共同体の組織化です。すなわち国家間の協力のもとに、市民社会間の協力を促進する努力が必要なのです」と結んでいる。
    日本の近代化を振り返るとともに、現在世界で進む「立憲的独裁」に対して、「立憲デモクラシー」を取り戻す必要性について考えさせる良書である。
    (2017年5月了)

  • 著者:三谷太一郎(1936-) 日本政治外交史。

    【書誌情報】
    通し番号:新赤版 1650
    刊行日:2017/03/22
    ISBN:9784004316503
    版型:新書 288ページ
    https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b283083.html

    【目次】
    目次 [i-iv]

    序章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか  001
      近代日本のモデル
      バジョット[Walter Bagehot]とマルクス[Karl Marx]
      自然科学というモデル
      二人の「近代」
      前近代と近代
      「議論による統治」を成り立たせるもの
      西と東の断絶
      日本の伝統に欠けていたもの
      「国民形成」の条件
      「近代」の歴史的意味
      「複雑な時代」の受動性
      近代における情動の激発
      「議論による統治」の条件
      近代化の二つの推進力
      本書の課題

    第一章 なぜ日本に政党政治が成立したのか 035
    1 政党政治成立をめぐる問い 036
      政党政治崩壊の原因という問い
      政党政治成立の理由という問い
      日本の立憲主義をめぐる問い
    2 幕藩体制の権力抑制均衡メカニズム 042
      明治国家のアンシャン・レジーム
      合議制による権力の抑制均衡
      幕藩体制下の権力の分散
      相互監視の体制
    3 「文芸的公共性」の成立――森鷗外の「史伝」の意味 050
      政治的公共性と文芸的公共性
      鴎外の「史伝」をどう読むか
      尾崎秀實[おざきほつみ]は「史伝」をどう読んだか
      横のネットワークの広がり
    4 幕末の危機下の権力分立論と議会制論 059
      西周[にしあまね]の提案
      「公儀」から「公議」へ
      議会制導入という戦略
    5 明治憲法下の権力分立制と議会制の政治的帰結 066
      明治憲法下の議会制
      覇府排斥論と権力分立制
      反政党内閣と権力分立制の不可分性
    6 体制統合の主体としての藩閥と政党 071
      体制を統合する主体の必要性
      何が統合主体となったのか
    7 アメリカと対比して見た日本の政党政治 075
      米国政治の統合主体としての政党
    8 政党政治の終わりと「立憲的独裁」 078
      デモクラシーなき立憲主義

    第二章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか 081
    1 自立的資本主義化への道 082
      スペンサー[Herbert Spencer]と日本
      政治リーダーと経済リーダー
      自立的資本主義を目指して
    2 自立的資本主義の四つの条件 086
     (1)政府主導の「殖産興業」政策の実験 086
      起点としての岩倉使節団
      「恥」の意識による近代化
      「殖産興業」と内務省設置
      農業技術の近代化
      模範農場と模範工場
      貿易と海運 
     (2)国家資本の源泉としての租税制度の確立 095
      外資導入への消極姿勢
      不平等条約改正という大前提
      地租収入と農民把握
     (3)資本主義を担う労働力の育成 099
      「学制」の意義
      義務教育制と国家主義
      女子教員の育成
      中村敬宇[なかむらけいう]の思想
      個人主義と実学主義
     (4)対外平和の確保 106
      グラント[Ulysses S. Grant]から明治天皇への忠告
      日清間の戦争の危険性
      やしまの「うち」と「そと」
      大久保利通[おおくぼとしみち]の台湾出兵の収拾
      大久保の絶頂とその終わり
      西郷隆盛[さいごうたかもり]の憤懣
    3 自立的資本主義の財政路線 116
      松方財政の二本柱
      政府主導の産業化路線と前田正名[まえだまさな]
      前田と原の確執
      大久保後の二つの路線
    4 日清戦争と自立的資本主義からの転換 124
      松方[まつかた]による外債導入
      明治天皇の日清戦争観
      国際的資本主義へ
    5 日露戦争と国際的資本主義への決定的転化 127
      漱石[そうせき]の見た借金国日本
      国際的資本主義の様相
      国際金融家・高橋是清[たかはしこれきよ]
    6 国際的資本主義のリーダーの登場 131
      井上準之助[いのうえじゅんのすけ]の台頭
      四国借款団と井上・ラモント[Thomas W. Lamont]
      日米間の「新しい同盟」
      国際金融の「帝国」
      金解禁の意味
    7 国際的資本主義の没落 139
      国際金融家の時代の終焉
      国家資本の時代へ
      自由な「貿易」とその終わり

    第三章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか 143
    1 植民地帝国へ踏み出す日本 144
      植民地とは何か
      植民地帝国日本の地図
      三国干渉と蘇峰[そほう]
      帝国的膨張への動機
    2 日本はなぜ植民地帝国となったか 149
      「非公式帝国」としてのイギリス帝国
      なぜ「非公式帝国」にならなかったのか
      山県有朋[やまがたありとも]の演説
      「主権線」と「利益線」
    3 日本はいかに植民地帝国を形成したのか 154
      枢密院という存在
    (1)日露戦争後――朝鮮と関東州租借地の統治体制の形成 156
      統監府・理事庁官制案
      統監の権限をめぐって
      陸軍の巻き返し
      枢密院での異論
      美濃部達吉[みのべたつきち]の『憲法講話』
      「違法区域」としての植民地
    (2)大正前半期――主導権確立を目指す陸軍 166
      陸軍主導のゆらぎ
      樺太統治の変化
      陸軍主導の確立
      枢密院の抵抗
    (3)大正後半期――朝鮮の三・一独立運動とそれへの対応 173
      脱軍事化と同化
      関東庁設置と文民長官
      文官イニシアディヴの確保を目指して
      原案の修正
      朝鮮・中枢院の改革
      教育による「同化」政策
      帝国大学の設置
      「拓務省」の名称の意図
    4 新しい国際秩序イデオロギーとしての「地域主義」190
      蠟山政道[ろうやままさみち]の「地域主義」
    (1)一九三〇年代――「帝国主義」に代わる「地域主義」の台頭 192
      国際主義から地域主義へ
      モデルとしての汎ヨーロッパ主義
      「東亜新秩序」
      地域主義の対抗者
      一九四〇年代の「大東亜」
    (2)太平洋戦争後――米国の「地域主義」構想とその後 198
      冷戦戦略としての「アジア地域主義」
      冷戦終焉と地域主義の変容
      アジア文化はあるのか
      新しい「地域主義」の模索へ

    第四章 日本の近代にとって天皇制とは何であったか 205
    1 日本の近代を貫く機能主義的思考様式 206
      ヨーロッパ化という課題
      機能主義的思考の系譜
      荷風[かふう]の問い
      丸山眞男[まるやままさお]の「近代」
    2 キリスト教の機能的等価物としての天皇制 213
      機能を統合する機能
      グナイスト[Rudolf von Gneist]の勧告
      国家の基軸としての天皇
      君主観の違い
    3 ドイツ皇帝と大日本帝国天皇 219
      吉野作造[よしのさくぞう]の観察
      憲法上の君主の違い
      詔勅批判は自由か
    4 「教育勅語」はいかに作られたのか 225
      教育勅語の位置づけ
      その起点と論理
      教育論争と政治対立
      地方長官の要請
      中村正直の草案
      井上毅[いのうえこわし]の批判①
      井上毅の批判②
      井上案から最終案へ
      教育勅語と立憲主義
      発布の形式
    5 多数者の論理と少数者の論理 241
      政体と国体との相剋
      大日本帝国憲法の自由主義的側面
      国体の支柱を失って

    終章 近代の歩みから考える日本の将来 247
    1 日本の近代の何を問題としたのか 248
      四側面から見た日本の近代
    2 日本の近代はどこに至ったのか 252
      「富国強兵」と「文明開化」
      「強兵」なき「富国」路線
      一国近代化路線の挫折
      これからの日本が歩むべき道
    3 多国間秩序の遺産をいかに生かすか 257
      多極化とグローバル化
      第一次大戦後の多極化とアメリカニゼーション
      多国間協調のワシントン体制
      軍縮条約と不戦条約
      経済・金融提携関係
      中国をめぐる国際協調は成り立つか

    あとがき(二〇一七年二月二四日 三谷太一郎) [267-276]
    人名索引 [1-4]


    【抜き書き】
    ・以下は比較文化論チックな「恥」意識の話。(俗な日本人論スレスレになるほど)省略気味の議論なので、何故著者はこの話を捩じ込んだのか、理由を知りたくなった。

    ■88-90頁
     “権力による近代化の心理的促進要因となったのは何だったか。それを一言でいえば、欧米先進国の文明の理想化されたイメージと対比して生じる、自国の文明への「恥」の意識です。たとえば、次のようなエピソードがあります。大久保利通の二男牧野伸顕[まきの のぶあき]は、後年、宮内大臣・内大臣を歴任する天皇側近となりほすが、当時10歳の少年として岩倉使節団に随行し、アメリカに留学しました。彼の『回顧録』によれば、岩倉一行は出発に際し、到着地アメリカで初めて汽車に乗るのでは体面に係わると考えました。当時京浜間の鉄道はまだ工事中で、線路は横浜から品川の台場までしか開通していなかったのですが、一行は品川の浜辺まで行き、プラットフォームの設備などない露天の汀[みぎわ]から汽車に乗車して、横浜まで赴いたのです。このように、明治政府要人の「恥」の意識が、権力による近代化の起点となった欧米巡遊への出発に際して表われているのです。このことは、日本の近代さらにいえばその最も重要な部分である資本主義そのものの特徴――外面性と装飾性とに反映しているといえるかもしれません。
     一行の滞米中、岩倉大使の羽織、袴に革靴といった服装が米国人の衆目を引いたため、大礼服を制定する提議がなされ、本国と交渉して急遽大礼服に着替えたのも、「恥」の意識からです。大久保がフランスを巡遊中、リヨンにおける絹糸紡績工場を視察した際に、原料の屑糸が日本から輸入されたものであることを聞き、同行者に「実に恥ずべきの至りならずや、将来是非我邦に於ても斯業を起さざるべからず」と語ったといわれるのも、同じように説明できるでしょう。
     このような「恥」の意識は、「文明開化」を促す一般人民向けの政府の布告の文面にも表れています。政府の布告には難解な漢字が多く、一般の人民には容易には読めませんでした。これを風刺して、「権令[ごんれい]が沙汰[さた]出しや角[かく]い字で読めない。参事は一字は読まずばなるまい」というような俗謡が現れるほどでした。これも、政府の布告が威儀を欠いた卑俗な文章では内外の笑いものになるだろうという「恥」の意識から来ているのです。
     文化人類学者のルース・ベネディクトはその名を戦後日本において有名にした『菊と刀』で、「罪の文化」と「恥の文化」とを区別し、前者を代表するものとしてヨーロッパの文化を、後者を代表するものとして日本の文化を挙げています。資本主義化を含む日本の近代化を促進した要因として、このような文化の性格を無視することはできないでしょう。二つの文化の違いは、おそらくそれぞれの文化――日本の場合には幕藩体制の下で形成された文化――における宗教の価値の違い、すなわち宗教の比重や社会的役割の違いに起因するのではないでしょうか。それは、先に言及した宗教社会学的観点からのマックス・ウェーバーの説明が可能であったヨーロッパの資本主義化と、そのような説明を適用できない日本の資本主義化との違いを明らかにしていると思います。いいかえれば、それは「原罪」という観念が根底にある文化と、この世との緊張関係を最小化し、内面よりも外面を重視する文化との違いであるかもしれません。”

  • 政党政治・資本主義・植民地・天皇制を切り口に日本近代史を総論しようとする一冊。
    大ベテランの先生こそ専門の研究領域の総論を書くべきだと思うので、こういう本は大事。「青春期の学問」ではできない「老年期の学問」として総論を書くというスタンスもある意味正しい。ただ「最近の研究成果を踏まえていない」という批判をかわす方便というか、開き直りにも見えて、なんだかなぁという気持ちにもなる。。。

    自分には少し難しかったので要再読だけど、資本主義の章はちょこちょこ気になった。たとえば不平等条約の下では外資に依存しない資本主義にならざるをえなかったとか、自国文明への「恥」の意識が近代化の促進要因になったと書かれている。面白い理解なんだけど、ずいぶん消極的な印象も受ける。本当にそうなんだろうか。

  • 日本の近代について、政党政治、資本主義、植民地、天皇制という4つの点から考察。

    教科書で習うような近代の概念をさらに深掘りし考察を加える。

    部分的に見れば、近代の概念を覆される。特に意識をしなければ、戦前=近代は遠いものだとどこか自分の離れたところに置いていたが、その形成過程を見ることで、当時を生きた人々がどのような考えに基づいて「近代」を作ったかが考察でき、その制度の合理性および非合理性について整理することができる。

    ある程度まとめて言えば、制度とは、なんらかの一貫した意図を持って形成されるのではなく(もちろん形成する当初は一貫した意図があるのだろうが)様々な意図や環境が混じり合って出来るものだと思われる。日本の戦前の政治制度は最終的に戦争に向かい破綻したが、その政治制度は当初からその結末を迎えるように作られたのではなく、合理性を求め作られ、しかし他面的には非合理であり、破綻を迎えた。

    現状の政治制度でも、ある面では合理的でも、大きく非合理な面もあるのかもしれない。

  • 総論・俯瞰的な近代の考察。

    ・慣習から議論へ
    ・自立的資本主義の条件
    ・国際的資本主義への転換
    ・国体と政体

  • 序論のバジョット論はとっつきにくかったが,日本の具体論に入ってからは楽しく読めた.「議論による統治」を標榜してそれを実現してきた明治国家の政治面での動き,さらには大久保利通を元とする経済面での展開もおおよそ理解できたと思っている.議会の中での枢密院の存在をクローズアップして,植民地に対する法制度の動きは特に面白かった.台湾と朝鮮では大きく異なっていることも知らなかった.最後に出てきた「教育勅語」の成立する過程の話は天皇と憲法との絡みがあることだと知り,意外な事実だった.歴史の授業は近代史まで進まなかった記憶があるが,教えておく必要があると感じている.

  • まだ未消化。もう一度読まなくては。

全29件中 1 - 10件を表示

プロフィール

三谷 太一郎
三谷太一郎:東京大学名誉教授/日本学士院会員

「2016年 『戦後民主主義をどう生きるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)のその他の作品

三谷太一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする