ガルブレイスを読む (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002688

作品紹介・あらすじ

時代の経済問題と常に真正面から切り結ぶ主張を続けてきたガルブレイス(1908‐2006)。主流派経済学に異議申し立てを試み、「時代の不安」を予見的に表現することによって社会通念を批判してきた異端の経済学者。経済と社会の混命する今だからこそ彼の主要著作を読み返し、サムエルソンらと対比しつつその経済学の全貌を解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 131116 中央図書館
    主流派のサムエルソンに対して、異端視されながらも読者に強烈な印象を与えるベストセラーを連発したガルブレイスは20世紀のヴェブレンにも例えられる。
    数学的な小宇宙の整合性に汲々とする新古典総合の経済学を批判しつつ、独占や社会意識そのものに独創的な見方を提示した。

  • 日本人にはあまりに有名なガルブレイス。
    しかし、経済学では異端だったんですね。
    学会ではなかなか受け入れられないのに、書き方がおもしろいから万民に受ける。
    しかし、経済は「生きた」ものだから、むしろガルブレイスの方が的を得てる。だから「わかりやすい」
    大まかな発想だけでは学問としては不十分だとしても、細分化された学術では、見落としがちな全体像が彼によって指摘されたのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

ガルブレイスを読む (岩波現代文庫)のその他の作品

中村達也の作品

ツイートする