黒の試走車 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021221

作品紹介・あらすじ

一九六〇年代初頭、自動車が大衆の欲望の象徴へと踊り出ようとする時代。自動車メーカーの熾烈な新車開発競争の現場で、朝比奈豊が異動した部署は企画PR課、その仕事とは産業スパイであった。友人の不審な死の真相と、社の内外に飛び交う新車開発の秘密情報を追究する中で彼は何に直面したか。産業スパイという斬新な主題を時代に先駆けて活写し、一世を風靡した企業情報小説の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり自動車業界って、いまでもこんな感じなんですか?
    kodamaさん?

  • 以前経済小説として読了。今度はスパイ小説として読んでみよう

  • 『会社員とは何者か』に紹介あり

  • 紛れもなく戦後間もないサスペンス小説なのに、物語の本質が現在とまったく変わらない点(企業間の諜報合戦)に、逆に不思議な感覚に襲われる。

  • 「この経済小説がおもしろい!」で紹介されていた本。

    前からビジネス小説の元祖として、タイトルだけは知っていたのですが、
    かなり昔の作品(1962年が単行本出版)ということで、
    ずっと読むのを躊躇していました。
    が、今読んでもあまり古さを感じさせず、
    いい意味で期待を裏切ってくれた良作でした。

    内容としては、自動車メーカーの産業スパイの話。
    ゴミ業者・クラブ・興信所…などありとあらゆる情報ソースから
    ライバルメーカーの情報を暴きだそうとする話。
    今はさすがにここまでひどくはないんだろうけれど、
    昔はこれに近い情報戦が繰り広げられていたんだろうなぁ。。と
    推測しながら読むと面白いと思います。

    自動車業界で働く人や自動車が好きな人は、
    過去の様子を知る一冊として価値ある一冊だと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

黒の試走車 (岩波現代文庫)のその他の作品

梶山季之の作品

ツイートする