日本人の戦争観―戦後史のなかの変容 (岩波現代文庫)

著者 : 吉田裕
  • 岩波書店 (2005年2月16日発売)
3.61
  • (5)
  • (8)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 68人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031077

作品紹介

日本人の戦争観はどのように作られ、変化してきたのか。一億総懺悔論や大東亜戦争肯定論など、政治家・知識人の発言から、戦記物や投書に表れた市井の人の声まで、膨大な素材を検証。対外的には最小限の戦争責任を認めつつ、国内では不問にしてきた様をえぐる。教科書をめぐる史観論争など、近年の動きを補う。

日本人の戦争観―戦後史のなかの変容 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2005年刊(底本は1995年刊)。日本人の第2次世界大戦に関する戦争観・戦争責任観について、戦後の政治家・知識人の発言、戦記物や体験記から、概要・変遷などを解説する。

  • 日本人の戦争観について、一般に知られている通り、日本人の戦争観には被害者意識が強く、加害者意識が弱い。歴史認識についても近隣国に対して反省が弱いと考えられている。では、それはなぜかという答えがこの本で議論されているところである。加害者意識の弱さの根源としては、日本が終戦という形を持って植民地を手放したことである。他の宗主国は植民地との血みどろの独立運動を経て植民地を手放している一方であっさりと植民地を手放すこととなった日本人は帝国意識が強く、アジア近隣国に対して思慮が及んでいないとも考えられる。では、なぜ被害者意識が弱いのか。日本の賠償はアメリカによる一国精算であったと同時に、アメリカのアジア戦略の都合上、早くに日本の賠償問題を切り上げて日本を衛星国としたことで、反省の意識をもつ間もなく戦争の精算がなされたという理由もある。また、当時アジアの国の国際政治上の地位が低く、それを暗黙のうちに承認してしまった。もう一つ考えられるのは、戦後という観念について経済復興を指標に考えていたことである。もはや戦後ではないという標語は、戦後の経済水準を越えようとする意志であるという一方で、戦後という観念を経済復興に一元化する効果があったとも考えられる。
    軍部の暴走というイメージのもと、国民が騙されたという意識を持っていたことも加害者意識を軽薄にさせた。しかし、やはり騙されたという話ではすまないもので、今日が終戦70年であるが、この本からの教訓として、騙されるような国民になってはならないという点を意識したい。また、もう一つ示唆的だったのは、騙されたという意識に付随するが、戦争中の負担の不平等である。戦争中だからこそ、負担はその前の社会的序列に基づいて分配される。戦争と貧困は安易に結びつくが、このような事態も忘れてはならない。

  • [ 内容 ]
    日本人の戦争観はどのように作られ、変化してきたのか。
    一億総懺悔論や大東亜戦争肯定論など、政治家・知識人の発言から、戦記物や投書に表れた市井の人の声まで、膨大な素材を検証。
    対外的には最小限の戦争責任を認めつつ、国内では不問にしてきた様をえぐる。
    教科書をめぐる史観論争など、近年の動きを補う。

    [ 目次 ]
    第1章 歴史意識と政治―九〇年代における政策転換
    第2章 「太平洋戦争史観」の成立―占領期
    第3章 認識の発展を阻むもの―占領から講和へ
    第4章 ダブル・スタンダードの成立―一九五〇年代
    第5章 戦争体験の「風化」―高度成長期
    第6章 経済大国化のなかの変容―一九七〇年代
    第7章 ダブル・スタンダードの動揺―一九八〇年代
    第8章 歴史からの逃避―現在そして将来

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 戦争責任とか戦後の状況とか、資料でわかりやすく変化がわかる本。

  • 様々な資料に基づいて,日本人の戦争観,戦争責任観がどう形成されてきたか,を示した労作.

  • 分類=日本人の戦争観。05年2月(95年7月)。

  • 「8月15日」の対比が興味深いです。

全8件中 1 - 8件を表示

日本人の戦争観―戦後史のなかの変容 (岩波現代文庫)のその他の作品

吉田裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
マックス ヴェー...
大岡 昇平
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の戦争観―戦後史のなかの変容 (岩波現代文庫)はこんな本です

日本人の戦争観―戦後史のなかの変容 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする