快楽は悪か (朝日文庫)

著者 : 植島啓司
  • 朝日新聞社 (1999年3月発売)
2.91
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022641786

快楽は悪か (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 13065

    タイトルと著者が学者なので哲学的な論考かと思ったら肩の凝らないエッセイだった。

  • 人間は快楽のために生きている。興奮物質が出ているときに快楽を感じるのだから、人それぞれの快楽の仕方にとやかく言う必要はないのでは、ということ。
    しかしながら、その意見には反対だ。その場だけの快楽と、持続する快楽とがあり、常識的に望ましい快楽は大体持続するものなのだ。そういったものは、慎ましやかな快楽、もしくは達成感、幸せなどといったものだ。

  • 突っかかってくる人のことも予想して、わざと怒ってるような書き方にしてみたらしい。'05

全5件中 1 - 5件を表示

快楽は悪か (朝日文庫)のその他の作品

快楽は悪か 単行本 快楽は悪か 植島啓司

植島啓司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

快楽は悪か (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする