ハックルベリー=フィンの冒険 (上) (偕成社文庫 (3027))

  • 偕成社
3.86
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036502707

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1999.09.15読了)(拝借)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    洋々たるミシシッピーの流れに乗って筏の旅を続ける陽気な浮浪児ハックと逃亡奴隷ジム。辺境時代のアメリカの雄大な自然と活力溢れる社会をバックに、何ものにもとらわれずに生きようとする少年と、必死に自由の境涯を求める黒人の姿をユーモラスに描く。

  • おととい読み始めて、きのう読了。以前読んだことがあったような、なかったような。
    まだ上巻なのだけど、意外と面白いな、と思う。社会批判がもっと鼻につくかと思っていたのだけど、ハックが思いのほか気持ちをゆらしていて、それがけっこう好き。ジムとハックの関係とか、気になるところもあるけども。主語の訳が「わたし」なのが気になって仕方がないのだけど、何か意図があるんだろうか。
    下巻とあわせて、トム・ソーヤーの方も近々読みたい。

  • 放浪者的ハック少年の眼を通して描かれる、南北戦争前のアメリカ。
    銃を持った荒くれ者どもが闊歩する、封建制に近い社会。
    奴隷の存在、私刑の横行。
    アメリカ原風景の一つを描く鮮烈な作品と思うが、長編特有のダラダラ感が惜しい。
    説明のための記述の多さがテンポを悪くしている。
    短編小説の連作のような形式が似合うのではないか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1835年、アメリカ・ミズーリ州の小村フロリダで、開拓者の第6子として生まれる。植字工、水先案内、鉱山探鉱、新聞記者などの職を転々とし、65年『ジム・スマイリーと彼の跳ね蛙』を発表、ユーモア作家として一躍脚光を浴びる。以後、作家・講演者として幅広く活躍

「2022年 『人間とは何か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーク・トウェインの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×