マーク・トウェインのおすすめランキング

プロフィール

Mark Twain, 1835―1910
アメリカ合衆国の小説家。ミズーリ州フロリダ生まれ、同州ハンニバルで育つ。本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)。西部・南部・中西部の庶民が使う口語を駆使した作品によってその後のアメリカ文学に大きな影響を与えた。『トム・ソーヤーの冒険』(1876年)のほか数多くの小説や随筆を発表、世界各地で講演も行ない、当時最大の著名人の一人となる。無学の少年ハックルベリー・フィン自身の言葉で語られる『ハックルベリー・フィンの冒けん』(イギリス版1884年、アメリカ版1885年)はなかでも傑作とされ、アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』で「今日のアメリカ文学はすべてマーク・トウェインのハックルベリー・フィンという一冊の本から出ている」と評した。

「2017年 『ハックルベリー・フィンの冒けん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーク・トウェインのおすすめランキングのアイテム一覧

マーク・トウェインのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『不思議な少年 (岩波文庫)』や『人間とは何か (岩波文庫)』や『トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)』などマーク・トウェインの全379作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

不思議な少年 (岩波文庫)

802
3.73

感想・レビュー

早急に生き方を変えたくなる一冊。(変えたくなる止まりだったが…) もっと読む

人間とは何か (岩波文庫)

629
3.80

感想・レビュー

人間とは何かという仰々しいタイトルに反して対話形式でとても読み易く、それでいて人間の本質を突いている。 老人の主張は一貫している。 「人は自分の良心を安定... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

583
3.60

感想・レビュー

The Adventures of Tom Sawyer(1876年、米)。 底抜けに明るく、冒険心に富み、罪のない程度に反抗的。トム・ソーヤーは「愛す... もっと読む

ハックルベリィ・フィンの冒険 (新潮文庫)

574
3.53

感想・レビュー

僕らは大人たちから「大人になるために」と言って、次から次へと教科書を詰め込まれ知識を注ぎこまれきた。でもこの本には教科書的な知識なんて一かけらも出てこない... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

550
3.81

感想・レビュー

 他の人の訳で中学時代に読んだ気がするが、柴田元幸氏の翻訳で読んでみたいと思い、再読。  トムの勇気や機転は本当にすごいんだけど、ガキ大将っぷりは鼻につい... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫)

485
3.68

感想・レビュー

Adventures of Huckleberry Finn(1885年、米)。 どこまでも陽気で陰影のない「トム・ソーヤーの冒険」に比べると、こちらは... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険 下 (岩波文庫 赤 311-6)

327
3.69

感想・レビュー

【ハックルベリー・フィンの冒険 上・下】 マーク・トウェイン作、西田実訳、岩波文庫、1977年 面白かった。 「キャッチャー・イン・ザ・ライ... もっと読む

ハックルベリ・フィンの冒険―トウェイン完訳コレクション (角川文庫)

233
3.80

感想・レビュー

社会、宗教、慣習といった強い(強く見える)ものに追従、盲信する人の愚かさを容赦なく描いているので、ハックがそれらに背を向ける決意をする場面がより心を揺さぶ... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒けん

155
4.22

感想・レビュー

これを初めて読んだのは小学生のころでしたが、当時は『トム・ソーヤの冒険』が圧倒的な人気で、続編のようなイメージをもたれた本作はかなりマイナーな存在だったの... もっと読む

トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)

145
3.73

感想・レビュー

『アーサー王宮廷のヤンキー』!? なんだか手に取るのも躊躇してしまいそうなタイトルで大丈夫かしら? ちなみにオリジナルタイトルをみても、『A Connec... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)

144
3.34

感想・レビュー

トム・ソーヤーの比べ読み中。 ほかには福音館、青い鳥(抄訳)しか読んでないけど、 いまのところのベスト。 なんといっても訳が良い。 良い文... もっと読む

マーク・トウェイン短編集 (新潮文庫 ト 4-3)

137
3.33

感想・レビュー

結局はお金。 お金は精神まで狂わせる。 もっと読む

ジム・スマイリーの跳び蛙: マーク・トウェイン傑作選 (新潮文庫)

132
3.45

感想・レビュー

少しお堅い文章で面白~いお話が 書かれている短編集です(´艸`*) 2、3作品は少し合わなかったですが 他の作品は楽しく読みました。 お気に入... もっと読む

トウェイン完訳コレクション 不思議な少年44号 (角川文庫)

124
3.60

感想・レビュー

「不思議な少年44号」マーク・トウェイン/大久保博 訳 幻想文学。ビロードの紅。 ずいぶん長いこと途中で挫折して積んだままになっていたんですが、よ... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 (光文社古典新訳文庫)

113
3.84

感想・レビュー

若干、トムのガキっぽさにイライラするけど、思い出してみれば、ああ、こんな時代が自分にもあったなぁと思い出して懐かしくなった。 もっと読む

トム・ソーヤーの冒険―トウェイン完訳コレクション (角川文庫)

102
3.28

感想・レビュー

小学生の時に児童小説版で何度も読んだ思い出がある。 カードの交換、真夜中の墓場、洞窟探検といった要素に、 子供心にある種の面白さを感じていた。 ... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)

90
3.31

感想・レビュー

幼少期になぜか読む気がおきず、断念していたが、大人になった今ようやく読了。 おもしろおかしく繰り広げられるトムの冒険が、大人たちも巻き込んで最後につ... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険(上) (光文社古典新訳文庫)

82
4.11

感想・レビュー

相棒の黒人奴隷とひたすら川を下る中で、ハックの逞しさ、賢さ、鋭さが光る。うん、やっぱこいつかっこいい。 にしても、まさか最後に「彼」が登場するとは……... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険(上) (光文社古典新訳文庫)

82
4.11

感想・レビュー

相棒の黒人奴隷とひたすら川を下る中で、ハックの逞しさ、賢さ、鋭さが光る。うん、やっぱこいつかっこいい。 にしても、まさか最後に「彼」が登場するとは……... もっと読む

トム・ソーヤの冒険 (子どものための世界文学の森 8)

75
3.47

感想・レビュー

あーこわかった。 つづきがきになる! どくしょかんそうぶんはこれにしよう もっと読む
全379アイテム中 1 - 20件を表示

マーク・トウェインに関連する談話室の質問

ツイートする