マーク・トウェインのおすすめランキング

プロフィール

Mark Twain 1835年-1910年.
邦訳された自伝に、
時系列順に並べられている
『マーク・トウェイン自伝 〈上・下〉 ちくま文庫 』
(マーク トウェイン 著、勝浦吉雄 訳、筑摩書房、1989年)
や、トウェインの意図どおり、執筆順に配置され、
自伝のために書かれた全ての原稿が収録されている
『マーク・トウェイン 完全なる自伝 Volume 1〜3 』
(マーク トウェイン 著、
カリフォルニア大学マークトウェインプロジェクト 編、
和栗了・山本祐子 訳、[Vo.2]渡邊眞理子 訳、
[Vo.1]市川博彬、永原誠、浜本隆三 訳、
柏書房、2013年、2015年、2018年)などがある。



「2020年 『〈連載版〉マーク・トウェイン自伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーク・トウェインのおすすめランキングのアイテム一覧

マーク・トウェインのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『不思議な少年 (岩波文庫)』や『人間とは何か (岩波文庫)』や『トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)』などマーク・トウェインの全412作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

不思議な少年 (岩波文庫)

994
3.73

感想・レビュー

マーク・トウェインとは思えないほど、重苦しいはなし。 でも、これからの生き方を変えようと思うほど、考えさせられるものだった。 もっと読む

人間とは何か (岩波文庫)

929
3.77

感想・レビュー

人間に対して、少しネガティブだが、人間観がまた一つ深まった。人間を機械に表現するとは実に大胆。 もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

910
3.75

感想・レビュー

幼少期にTVで観たトム・ソーヤの冒険。「悪童」というのがぴったりのトム。ポリーおばさんに叱られ、学校で喧嘩し、日が暮れるまで遊び、女の子にモテたくて意地悪... もっと読む

ハックルベリィ・フィンの冒険 (新潮文庫)

761
3.52

感想・レビュー

僕らは大人たちから「大人になるために」と言って、次から次へと教科書を詰め込まれ知識を注ぎこまれきた。でもこの本には教科書的な知識なんて一かけらも出てこない... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

664
3.60

感想・レビュー

The Adventures of Tom Sawyer(1876年、米)。 底抜けに明るく、冒険心に富み、罪のない程度に反抗的。トム・ソーヤーは「愛す... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫)

570
3.69

感想・レビュー

Adventures of Huckleberry Finn(1885年、米)。 どこまでも陽気で陰影のない「トム・ソーヤーの冒険」に比べると、こちらは... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険 下 (岩波文庫 赤 311-6)

379
3.70

感想・レビュー

【ハックルベリー・フィンの冒険 上・下】 マーク・トウェイン作、西田実訳、岩波文庫、1977年 面白かった。 「キャッチャー・イン・ザ・ライ... もっと読む

ハックルベリ・フィンの冒険―トウェイン完訳コレクション (角川文庫)

302
3.76

感想・レビュー

社会、宗教、慣習といった強い(強く見える)ものに追従、盲信する人の愚かさを容赦なく描いているので、ハックがそれらに背を向ける決意をする場面がより心を揺さぶ... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒けん

297
4.26

感想・レビュー

これを初めて読んだのは小学生のころでした。当時は『トム・ソーヤの冒険』が圧倒的な人気で、続編のようなイメージをもたれた本作は、かなりマイナーな存在だったの... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 上 (岩波少年文庫)

221
3.37

感想・レビュー

トム・ソーヤーの比べ読み中。 ほかには福音館、青い鳥(抄訳)しか読んでないけど、 いまのところのベスト。 なんといっても訳が良い。 良い文... もっと読む

トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)

202
3.73

感想・レビュー

『アーサー王宮廷のヤンキー』!? なんだか手に取るのも躊躇してしまいそうなタイトルで大丈夫かしら? ちなみにオリジナルタイトルをみても、『A Connec... もっと読む

トム・ソーヤの冒険 (10歳までに読みたい世界名作)

178
3.88

感想・レビュー

超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超超... もっと読む

ジム・スマイリーの跳び蛙: マーク・トウェイン傑作選 (新潮文庫)

167
3.38

感想・レビュー

ばかばかしい話というのは、古今東西底堅い需要があるんだなあ。 『物語の語り方』のラスト(怪談が、「お前だー」で終わるやつ)は、日本の怪談の伝統芸能かと思... もっと読む

マーク・トウェイン短編集 (新潮文庫 ト 4-3)

164
3.35

感想・レビュー

関西外大図書館OPACのURLはこちら↓ https://opac1.kansaigaidai.ac.jp/webopac/BB00186744 もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 (光文社古典新訳文庫)

152
3.90

感想・レビュー

「冒険」というタイトルではあるが、河の中洲に野宿をする、街外れの洞窟を探検する、廃墟に潜入するだとか、日常でありそうでない体験が子供の視点を通じて大きく描... もっと読む

トウェイン完訳コレクション 不思議な少年44号 (角川文庫)

140
3.67

感想・レビュー

「不思議な少年44号」マーク・トウェイン/大久保博 訳 幻想文学。ビロードの紅。 ずいぶん長いこと途中で挫折して積んだままになっていたんですが、よ... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険 下 (岩波少年文庫)

139
3.31

感想・レビュー

幼少期になぜか読む気がおきず、断念していたが、大人になった今ようやく読了。 おもしろおかしく繰り広げられるトムの冒険が、大人たちも巻き込んで最後につ... もっと読む

王子とこじき (10歳までに読みたい世界名作)

134
4.04

感想・レビュー

面白い。繰り返し読んだ。 (小一) もっと読む

アダムとイヴの日記 (河出文庫)

127
3.60
マークトウェイン 2020年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

旧約聖書、創世記のアダムとイヴの物語はだれしも知っている話です。 人類の祖である、アダムとイヴが何を考え、何を思って生活していたのかを、『トム・ソーヤの... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険―トウェイン完訳コレクション (角川文庫)

115
3.31

感想・レビュー

読むのは何回目かな? 子ども時代はドキドキハラハラ。自分も冒険するぞ~、と思うけれども川も洞窟もない環境。アメリカに憧れた。今回もハラハラドキドキ!でもそ... もっと読む
全412アイテム中 1 - 20件を表示

マーク・トウェインに関連する談話室の質問

ツイートする
×