異世界薬局 (1) (MFブックス)

著者 :
制作 : keepout 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.61
  • (4)
  • (5)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040680477

作品紹介・あらすじ

研究に没頭するあまり、志半ばで過労死した若き薬学者。
目を覚ますと、彼は王侯貴族を専門に診察する宮廷薬師の名家ド・メディシス家の息子、ファルマとして転生していた。しかし、間違った治療法や薬の調合、医療行為と呼べない呪術やまじないが横行するこの世界の医療にファルマは絶望する。
「何とかしないとな、この世界の人々のためにも――」
前世で培った現代薬学に加え、異世界で手に入れたチート能力「物質創造&物質消去」。
それらを駆使しファルマは母の腰痛から女帝の死病まであらゆる疾病に立ち向かう。
そして、真に効果のある薬を広く人々に届けるべく召使いの少女ロッテ、家庭教師を務める美女エレンたちと「異世界薬局」を開業。そこでファルマが掲げた目標とは――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 過労死した薬学者が転生したのは、間違いだらけの医療がはびこる世界。
    優秀な薬師の家系であり恵まれた家柄、そして前世での知識を駆使して、傍目にはわずか10歳の少年薬師が、その世界の医療を根本から変える。

    ファンタジーはほぼ読まないんですが、テーマが医療なので興味深く読めました。
    常識=多数派のことで、常識=正しいとは限らない。
    きっと現代にも言えるものがあるんだろうな。

  • 【図書館】異世界+薬学の組合せは盲点。過労死した薬学者が異世界の宮廷薬師の名家の次男に転生。能力がチートすぎる。ブリュノが意外にいいお父さん。いろいろ怪しいけど、それはそれで効いてるのかー。ちょっとうまくいきすぎてないかな。ラストはちょっと不穏な雰囲気。ファルマ見つかっちゃうのかな。

  • 過労死した薬学者が異世界に転生?
    ファルマ10歳として薬師の家系の次男として、女帝エリザベートの治療に関わることになり…。
    主人公万能な感じではあるが、異端とかの不穏もあって2へ続く。

  • 現代の一戦のガチ研究者が転生してそれを活かすというパターンは、ありそうでなかった感じ。

  • 現代日本で過労死しながらも薬学の理想を捨てず異世界で知識と異能を駆使して薬を作っていく主人公の、現代日本人とひとくくりにできないスペックの高さを我が身とひきくらべておののく。「やっぱり転生させるならこれくらい才能のある人をヘッドハンティングするべきよね」と薬神様に同意を求めてしまいます。ねー。
    異世界の知識より先に権力者からの信頼をかちえてさくさくと薬局開店までたどりついたはいいけれど不穏な影が差し…というところで、2巻への引きが強い終わり。(小説家になろうさんで続き知ってるけどね)
    施薬により異世界人の病気が劇的に治癒していくのは薬に慣れてないおかげもあるのかもしれないけど、現実でもこんな風に病気が治ればいいのになぁ…ウェブ版ではフランス語だった詠唱がフォント変えになったのは中二感が減ったもののさらっと流せて読みやすいかも。

    異世界薬局で働くみなさんのカバー絵にセドリックさんがいないのはちょっと可哀想なんだけど(帯外して探したけどいなかった)明るい店内に薬瓶が並び、キレイドコロが楽しそうにしているイラストはお話の内容によく合っていると思いました。あと腰の杖ホルスターがステキ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

医科学系研究者兼作家。 書籍化作品:SF「ヘヴンズ・コンストラクター」(エリュシオンノベルコンテスト受賞・新紀元社)。

「2018年 『異世界薬局 6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

異世界薬局 (1) (MFブックス)のその他の作品

異世界薬局 1 (MFブックス) Kindle版 異世界薬局 1 (MFブックス) 高山理図

高山理図の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・ゼン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする