サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR I first (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.43
  • (7)
  • (18)
  • (21)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 163
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041004265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんかもういろんな意味でえー?!みたいな内容。石ノ森先生は最初から「ああいう設定」で009を書き続けていたんだろうか。それとも神々との戦い編を描いている内に「こういう設定」を思いついたのか。

  • うーん、これは「009」のファンでないと、なかなか最後まで読めなそうだなあ。

    「小説」として、かなり稚拙なんだよね。
    いや、「頑張ってる」のはよくわかるんだ。著者は、石ノ森の遺志を継ごうという気概があるのだろうし、当然、妙なものを出すと彼の名声に傷が入るかも、みたいなことは考えているんだろうと思う。
    だから、とても工夫して、気を使っていることはわかる。文章の端々から伝わってくる。

    ただ…。それでも下手さはどうしようもない。もうかわいそうだがどうしようもない。
    著者は別の方面ですでに活躍している人らしいし、そっちの方で才能を伸ばすことを考えりゃいいんじゃないかな。

    ちなみに、ジェット編だけはなかなか読ますなあと思ってたら、ここだけ石ノ森が書いてたんだね。御大、さすがです。

  • 勢いで読みました。

  • 「天使編」「神々との闘い編」の続編にして完結編。
    物凄く期待して読み始めましたが、どうしようもなく文章が下手糞。
    石ノ森氏のご遺族だから小説として発表出来たのでしょう、選考されていたら、どんな賞でも間違いなく落選です。
    考えたら石ノ森氏本人が10年以上書けなかったラストを他人が描ける訳がない。石ノ森氏が残した膨大なメモを基にしているとの事なので、そこは気になるところ、最後まで読みます。が、ラストは永遠に未完のままでいいんじゃないでしょうか。ファンにとっても。

    • bandit250fさん
      山賊弐半って誰?
      山賊弐半って誰?
      2013/08/13
    • めがねくんさん
      bandit 【名詞】1(武装した)山賊、追いはぎ、盗賊 2 悪漢、無法者
      250cc→2と半分→二半→弐半
      bandit 【名詞】1(武装した)山賊、追いはぎ、盗賊 2 悪漢、無法者
      250cc→2と半分→二半→弐半
      2013/08/13
    • bandit250fさん
      天使と戦って勝つ見込みはないでしょう。永井豪の「デビルマン」が同じテーマを描いていますが、最後は人類は滅亡、天使と悪魔との戦いで地球は荒廃す...
      天使と戦って勝つ見込みはないでしょう。永井豪の「デビルマン」が同じテーマを描いていますが、最後は人類は滅亡、天使と悪魔との戦いで地球は荒廃する、という落ちでした。SF漫画史上に残るラストです。石ノ森氏は当然このラストを知っていて、これを越えようとしたんじゃないかと思ってます。
      2013/08/13
  • ジェット編はクオリティ高いです。

  • サイボーグ009完結篇の小説バージョンの方です。002のエピソードがいいなと思ったら、そこだけ石ノ森章太郎の文章によるものでした。

    他は、石ノ森章太郎の口述と膨大なメモから小野寺丈が書き上げたもので正直読み進めるのが辛いレベルでした。

  • いやーー
    入り込んだ。
    面白い!

  • 昔ながらのファン補正があって初めて「アリ」。そういう人たちには映像が生き生きと浮かび上がる。
    そうでない人には、あまり程度の良くないジュブナイル。

  • サイボーグ009の未完の作品であった『天使編』と『神々との闘い編』の完全完結編であるが、作者の石ノ森章太郎は既に鬼籍にはいっている。残された創作メモを元に小野寺丈が小説化したものだそうだ。firstはプロローグにあたる各メンバーのエピソードのうち001~004が収録されているが、どれもいまひとつな感じ。漫画で読んだ009のわくわくした感じが出てこない。読者である私が年をとったということもあるが、メンバーの特技がキャラクターとして生かしきれていないからではないかと思う。期待していただけにかなり残念。second以降に期待。

  • 自分の中で扱いが難しい。ハインリヒのエピソードが改訂されてるとか、瀕死の著者のエピソードが絡むなんてメタ的な側面もあるし、漫画の直接の続編とは考えていいものかどうか判断が付かない。しかしそれでも『サイボーグ009』が帰ってきたのである(単行本版は読んでいないので)。素直にうれしいし緊迫しながら読んだ。→2巻に続く

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『サイボーグ009』のほか、『人造人間キカイダー』『佐武と市捕物控』『HOTEL』『マンガ日本経済入門』『幻魔大戦(原作:平井和正)』など、あらゆるジャンルの膨大な作品を描き、「漫画の王様」と称された巨匠。その作品の多くがアニメ化・実写化された。『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』といった特撮シリーズの生みの親でもある。1998年死去。

「2016年 『サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR I first (角川文庫)のその他の作品

石ノ森章太郎の作品

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR I first (角川文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする