スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇

著者 : 西原理恵子
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年7月1日発売)
3.50
  • (5)
  • (8)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :96
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041019252

作品紹介

フィナーレの第5弾は人生しめくくり篇!死生観・人間観のすべてをかけて女子たちに贈る幸せのエール!

スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で。
    これが最終巻なのか。ナルホド。
    まあ女性はこういう悪口とかおしゃべりで乗りきっていくんだなぁ。安上がりだし強いよな。

    なんのかんの言って結婚やダンナの話が多くてうん、まあそうだよね、やっぱりね、という気持ちになりました。まあ普遍的で共通の話題って事なんだろうけど。
    オトコに頼らず女性も自活せよ、とはまさにそうだとは思う。自分の人生の根幹を他の人に受け渡すなって話なんだろうけど…そうは思ってても中々難しい人も居るだろうな、とも思う。男の方が頼ってくることだってあるだろうし。自分は大丈夫、と思ってたって病気になることだってあるだろうし。人生色々。でも最後まで自分の面倒は自分でみたいなぁという思いはありますなぁ。

    私は年上の男性の幼児性にモエはないな… その辺りサイバラさんの趣味は結構マニアックだな、と思う。ウン。

  • 生きていかなくては いきていかなくてはねぇ。

  • ●第1章
    年下の男性が好きな女性って結構いる気がする。
    この章に登場するような本当に付き合ってしまうようなツワモノでなくても。
    「若い男が好き」「バカでも貧乏でもいいから年下が好み。年上だからってバカでもビンボーでもないってワケじゃないし。」なんて言ったら周りの男から何言われるか分かったもんじゃないから隠してるってだけで。
    ●第2章
    姑が嫁の天敵になるのは旦那の責任だと思う。
    ●第3章
    女の婚活=妊活。これ、男性誌で言ってあげて欲しい。このシビアな現実に耐えられる男性しか婚活市場に出ちゃいかんよな。心がボロボロになるだけだもん。
    婚活女が欲しいのはあなたじゃなくてあなたの精子と年収=子育て費用。寄り添う男が欲しいだけでかつ子供と金に執着心がない女は婚活市場にはいない。そんな時間惜しいから。

    看取りの章は笑いながらも涙涙涙。こんな重苦しいネタですら笑いを交えて話せる投稿者さん達と西原さんすげー。

  • 読むと肩の力が抜ける。
    西原さんのあっけらかんとした語り口、いいなー!

  • スナックさいばら完結編。
    天敵や終活、看取りなど胸に堪える。
    濃い人生を送ってきた
    りえぞうママのコメントに救われる。
    高須先生エピソードも素敵。

  • 人生について色々考えさせられる本です。

  • 「『子育てのコツ』みたいなことを聞かれた時、私、決まってこういうんです。
    自分の欠点を思い浮かべれば、子どものやらかしそうなことはだいたいわかる。自分の欠点とどうつきあってきたのかが、子育てのコツになっているんじゃないかって。」

    そうだろうな、とも思うけど、ちゃんと欠点として分かって、ちゃんとつきあってきた、といえる時点で欠点じゃないし、そんな「欠点」なら子供にとっても、いずれつきあえるようになるよい勉強機会であるとさえいえるような気もする。

  • これがシリーズ最後。
    人生って年を重ねていけばいくほど、色々しがらみや体調についても出てきて考えさせられる。。
    自分の考えだけが正しいことも間違いであることもないけれどこのようにさまざまなケースを読んでいると明日は我が身なのかなってそんな気もしてくる。
    それにはこのぐらい軽くて、でもリアルな話がちょうど良かったかも。。。

  • 高須先生 看護婦 あの人はあまりにも気が強すぎて、和を乱すからやめさせて下さいって文句がでたが、高須先生は、仕事は仲良しクラブじゃ無いんだから、みんなと仲良く出来ないからって、仕事のできるひとをやめさせる必要はない

    闘うことも大事だけれど、撤退も大事。深追いしてもろくなことはない。天敵には飲み込まれないようにする


    日本人って「そんな事して相手のレベルに落ちたくない」ってよく言うじゃない。でも中国みてみい。ケンカはよりえげつないほうが勝つんです。相手と同等では負けます。相手よりレベルを落として、人でなしになって戦ってください

    三十六計逃げるにしかず。距離を置くことが何よりの解決ってことは結構ある。天敵が家族の場合も、そうだと思います。

    一番売れているのがコクヨのエンディングノート

    憎しみというのはクセモノで、どっぷり使っているうちにこっちの方が食い殺されちゃう


    女の人生は子どもを持ったら早回しになる。「あれやって、これやって、その間にこれとあれをやって。。。」自分にとってなにが大切なのか、人生の優先順位を決めておかなきゃとてもまわしていけません。「みんなに嫌われたくない」と群れのなかで自分の立ち位置ばかり気にしていた女の子が、「人からどう思われようと知るか」と開き直れる立派なおばちゃんに変貌をとげるのはそのせいです。

  • 毎度色々考えさせられるシリーズもいよいよ終わりとの事で残念。
    ほんとに終わりの事とか、考える機会も増えてきてイヤになってしまう。皆さん強いなぁ…

全12件中 1 - 10件を表示

西原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
西原 理恵子
榎本 まみ
桜木 紫乃
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇はこんな本です

スナックさいばら おんなのけものみち 生きてりゃいいじゃん、笑っとけ篇を本棚に登録しているひと

ツイートする