パナマ文書

  • KADOKAWA/角川書店 (2016年8月27日発売)
3.84
  • (6)
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041047095

作品紹介

「ハロー、私はJohn Doe。データに興味はあるか?」

「ジョン・ドゥ」とは、英語圏で裁判のとき実名が公表されては困る人物、
あるいは身元不明の死体に用いられる仮名である。
のちに「パナマ文書」と名付けられ、世界を揺るがすことになったスクープ。
すべては、この身元不明の生ける死体からの一通のメールから始まった。

こうして、本書の著者である南ドイツ新聞のジャーナリスト、
バスティアン・オーバーマイヤーのもとに214,000 の架空会社が関係、
1,150万件にものぼるデータが秘かに送られて来ることになった。
文書の出どころはパナマの法律事務所、モサック=フォンセカ。
事務所の創設者の一人はユルゲン・モサック、ほかでもないドイツ人だった。

データ量は2.6テラバイト。過去のリークとは比べ物にならないサイズだ。
オーバーマイヤーは米国ワシントンのICIJ に協力を求めた。

データは国ごとに仕分けされ、最終的には70か国、400 人にも及ぶジャーナリスト達が調査活動を開始する。
それは『パナマ文書』の信憑性の検証、内容の理解、そして、データをストーリーに翻訳していく作業だった――。

記者たちはいかにして各国首脳・独裁者・FIFA役員・財閥総帥、
サッカー界の世界的スターであるリオネル・メッシらの巨額な隠し財産、
そして、プーチン側近の極秘資産を発見したか。

重要なのは名簿だけではない。そのデータに裏に隠されたものとは何か。


(日本版特別解説・池上彰氏)

翻訳独占権:KADOKAWA

パナマ文書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『パナマ文書』

    著者:バスティアン・オーバーマイヤー
    著者:フレデリック・オーバーマイヤー
    翻訳:姫田多佳子
    解説:池上彰

    【版元】
    定価 1,944円(本体1,800円+税)
    発売日:2016年08月27日
    版型 四六判
    商品形態 単行本
    ページ数 456ページ
    ISBN(JAN) 9784041047095

    世界中で緊急翻訳出版! リークを受けた記者が自ら書いた唯一の書籍。
    http://www.kadokawa.co.jp/product/321605000076/

    【Memorandum】
    ・紀伊国屋書店サイトに掲載されている内容紹介。

    「ハロー、私はJohn Doe。データに興味はあるか?」
     「ジョン・ドゥ」とは、英語圏で裁判のとき実名が公表されては困る人物、あるいは身元不明の死体に用いられる仮名である。のちに「パナマ文書」と名付けられ、世界を揺るがすことになったスクープ。すべては、この身元不明の生ける死体からの一通のメールから始まった。
     こうして、本書の著者である南ドイツ新聞のジャーナリスト、バスティアン・オーバーマイヤーのもとに214,000 の架空会社が関係、1,150万件にものぼるデータが秘かに送られて来ることになった。文書の出どころはパナマの法律事務所、モサック=フォンセカ。事務所の創設者の一人はユルゲン・モサック、ほかでもないドイツ人だった。データ量は2.6テラバイト。過去のリークとは比べ物にならないサイズだ。オーバーマイヤーは米国ワシントンのICIJ に協力を求めた。
     データは国ごとに仕分けされ、最終的には70か国、400 人にも及ぶジャーナリスト達が調査活動を開始する。それは『パナマ文書』の信憑性の検証、内容の理解、そして、データをストーリーに翻訳していく作業だった――。
     記者たちはいかにして各国首脳・独裁者・FIFA役員・財閥総帥、サッカー界の世界的スターであるリオネル・メッシらの巨額な隠し財産、そして、プーチン側近の極秘資産を発見したか。重要なのは名簿だけではない。そのデータの裏に隠されたものとは何か。
    (日本版特別解説・池上彰氏)
    https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0354045

    ・記事
    https://wired.jp/2016/07/04/panama-papers-story/


    【簡易目次】〔Amazonから転載〕
    スタート
    ウラジーミル・プーチンの謎めいた友人
    過去の影
    コメルツ銀行の嘘
    シリア内戦とモサック=フォンセカの関与
    武装親衛隊からCIA、そしてパナマへ
    UEFA本部ニヨンへ続く足跡
    釣りと発見と偉大な芸術の話
    ホワイトハウスを背に
    火花のように飛散して〔ほか〕

  • 文書が手に入った経緯から始まり、リアルだ。しかし、全体にもどかしさがある。この先が問題なんだから。とくにアジア系政治家についてもっと追及してほしかった。だれかやっているのかしら。

  • この暴露文書が意味するもの。社会が確実に2つの階級に分かれている。国家レベルではない。世界レベルで。普通に税金を払わない階級は、いつどのように払うかを、あるいは払うか払わないかさえも自分で決め、そうするための手段とエネルギーも持っている。本書では、国家間を超越した法の整備を説いているが、問題はそんな甘いものではない。なぜなら税金を払わない階級は超法規的手段をとってくるし、それをとれる特権を持っていから。必要なのは、その特権を使うための手段を牛耳る権力を大衆に持たせることだ。かといって、それが行き過ぎると某国のような大衆迎合型にも陥るので注意が必要だが。

  • パナマ文章に関する日本の報道が少なすぎる!世界中を揺るがせた報道にも関わらず、日本人の対象者が少なかったせいか、日本のマスコミではあまり大々的には取り上げられなかった。その後の調査の状況についても知りたい。

  • 著者が匿名の人物から入手した、モサック=フォンセカによるオフショアビジネスに関する資料を、ICIJ(国際調査ジャーナリスト連合)のメンバーとともに解析して、全世界のメディアで同時発表するまでのストーリーが書かれたもの。

    ページ数は多いですが、内容はそこまで難しくないので、
    まるで、推理ドラマを読んでいるかのような、スリリングな感覚で読みました。

    と同時に、ここまで身の危険をかけてまでも成し遂げようとするジャーナリストという仕事とは、ジャーナリズムとは何だろうと感じました。

  • 「パナマ文書」 バスティアン・オーバーマイヤー/フレデリック・オーバーマイヤー

    -------------------------------
    「タックスヘイブン」が抱える闇が今、明かされる!リークを受けたドイツ人記者が書いた事件の内幕。
    「BOOK」データベースより
    -------------------------------

    2016年4月に公開され世界中で大きな波紋をよんでいるパナマ文書。
    パナマ文書というのをざっくり言うと、
    世界中の政治家・金持ち・犯罪者たちが資産を自国の税金にとられないよう、こずるい手口で手元に蓄えてたぜってことを公にしたリーク文書のことです。
    どこから情報が漏れちゃったかといいますと、パナマを本拠地にして世界中に支社をもつ「モサック・フォンセカ」(通称モスフォン)という法律事務所からです。

    作者のオーバーマイヤーブラザーズは、このリーク情報の受け取り手となった南ドイツ新聞の記者で、この本は彼らの手記です。
    情報提供者(いまだに誰か情報提供したのかわからないらしい!)が南ドイツ新聞に「すごい秘密に興味ないかい?」とメールしてきたところから始まってます。

    Kindleで面白い本を探してたら、冒頭の1章と池上彰さんのコメントが無料で読むことができて、読んでみたらメッチャ面白かったので、高かったけど(¥1800)買っちゃったわけですよ。


    で、結果としてどうだったかといいますと、、、
    長い!( ´△`)超長い!!

    いろんな国のメジャーな人たちがどうやって資産を蓄えてるか、いーっぱい紹介してるんだけど、細かい違いはあってもだいたい同じだし、世界のメジャーな人のことも私よく知らないし(笑)、経済にも疎いので、中盤はかなりテキトーに読んでしまった。。。


    だがしかし。
    延々続くリーク話はくどいけど、これはもうリアルなサスペンス映画でして、リーク話以外の部分は超面白い!

    何が問題なのか、私も読むまでさっぱりわからなかったんですが、読んで理解しました。

    例えば日本で稼いだ金は、普通なら日本で税金としてとられて日本社会に再分配されて庶民には社会福祉というかたちで還元されます。
    でもお金持ちたちは、少しでも税金を回避して手元にお金を置いておきたいわけです。
    そこで彼らはどうしたかというと、タックスヘイブンと呼ばれる税制のゆるい地域(パナマとか)にペーパーカンパニーを作って、ビジネスしてるふうにしてそこにお金を移すわけです。
    そうするとどうなるか。
    日本の社会で得たお金が日本で循環せず、金持ちの懐にどんどん溜まってしまうわけで、どんどん金持ちと庶民の経済格差が大きくなっちゃうんですねー。
    モスフォンという会社はそのペーパーカンパニー設立を助けたり、お金が最終的に誰のものになるかを目隠ししてわからなくしてくれる、金持ちたちのお手伝いをしていた会社なんですね。
    あと、さらに問題なのは、金持ちのお手伝いだけじゃなく、犯罪者のマネーロンダリングの幇助もしてたことが、パナマ文書によって明らかにされちゃったみたいです。
    モスフォンピンチ。

    有名人、いっぱいでますよー。
    プーチンとか、習近平とか、アサドとか、キャメロンとか、メッシとか。

    あと、情報がどっから漏れたかはまだはっきりしてないんだけど、ウワサではモスフォンの会社で使ってたCMSがWordPressらしくて、それのプラグインのぜい弱性を利用して情報とったとか。。。
    ホントなのかなー。社内リークじゃなく外部からだとしたらその人すごいよねー。。。

    どうやらNetflix がこれを映画化するとか?!
    本は長いしあんまりオススメしないけど映画は面白いと思う!!
    今後に要注目ですな。。

  • 請求記号:345.1/Obe
    資料ID:50084339
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 1週間くらい前に、図書館でたまたま見つけて借りて読んだんだけど。
    今日の日経新聞の書評に載ってた。

  • 節税と脱税の違いは

全9件中 1 - 9件を表示

パナマ文書のその他の作品

パナマ文書 (角川ebook) Kindle版 パナマ文書 (角川ebook) バスティアン・オーバーマイヤー

バスティアン・オーバーマイヤーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
宮下 奈都
村田 沙耶香
米澤 穂信
塩田 武士
クリス・アンダー...
アンソニー・B・...
有効な右矢印 無効な右矢印

パナマ文書に関連する談話室の質問

パナマ文書を本棚に登録しているひと

ツイートする