新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(三) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041113394

作品紹介・あらすじ

新米の刈入れ時季が迫る中、仕入先の村を野分が襲う。その噂を聞きつけた商人の中で古米を買い占めようとする動きが出てきて善太郎たちは警戒を強める。一方、お波津と銀次郎の恋の行方は……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2022年2月角川文庫刊。書き下ろし。新シリーズ9作目。通算25作目。ようやく三千俵の決着がついた。が、天の采配的なもので、ごまかされたような感じ。古米高騰に乗じる悪人の暗躍を解決したり、その中にあってお波津と銀次郎が納得のできる道筋をつけられたのは良かったが、それもはぐらかされたような感じがあって、もやもやする。次巻を楽しみにする。

  • お波津の初恋は終わった。

  • 米屋襲撃事件の核心に迫るのと古米三千俵の処理を絡ませる展開。それに銀次郎、お波津、お民の関係も。本作で一応それらに決着はついたが、さてこの後は新展開があるのか。
    ちょっと登場人物が多くなりすぎなのでもう少し絞った話にした方がさらに読みやすいかも。

  • 25

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年、『夜の道行』で第12回小説推理新人賞を受賞し、選考委員から“第二の藤沢周平”と賞賛される。以後、時代小説を中心に活躍中。「入り婿侍」シリーズは、評論家の縄田一男氏から「著者の新たな頂点」と絶賛を受けた近年の代表作。他の主なシリーズに「おれは一万石」「出世侍」など。

「2022年 『新・入り婿侍商い帖 お波津の婿(二)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千野隆司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×