怪奇博物館 (角川文庫―角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (1)
  • (9)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 101
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041497692

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大学助教授35歳令子と恋人で助手27歳の哲平がオカルティックな事件に首を突っ込むコメディミステリメインにオカルトモチーフのお話が入った短編集
    狼男、吸血鬼、丑の刻参り、神隠し、憑依、呪いの屋敷に連鎖する首吊り
    ほぼほぼオカルトにみせかけたヒトコワ話ばかりですがしっかりホラーのお話も
    ちょっぴり無理のある強引な話も今回は(も?)多め

    マンションに越してきた魔術師の父娘と神隠し[受取人不在につき]
    死んだ娘を名乗る全く違う娘が家に潜り込む[帰ってきた娘]
    が特によかった

  • ドラキュラや呪いなど怪奇を題材とした連作ミステリ。

    全体にあまりに小粒

  • 赤川次郎の少年時代の経験に、よほど暗い事があるのか、
    しばしば赤川次郎の怪奇ものは読むのが怖くなることがあります。

    最初の「狼男 町を行く」は、
    ほかの殺人事件ものとさほど変わりがないような、
    一部推理も入って,標準的な赤川次郎作品だと感じました。

    怪奇ものを描けるから,根明なものも描けるのだということが分かりました。

  • ホラー文庫にはなっていても、ホラーらしいホラーというよりはミステリーホラー。
    大学助教授とその助手が主人公で進むものと、そうでないものの混合で全7作の短編集。
    特に大学助教授達が主人公な話がミステリーに近い感じ。

  • 怖くないようで怖い世界に迷い込んでしまいます。教授と助手のお二人が、かわいくて好きです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『三世代探偵団 春風にめざめて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×