六道ケ辻 大導寺一族の滅亡 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (8)
  • (27)
  • (42)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 158
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041500576

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 六道ヶ辻シリーズ第一弾。


    平安時代から続く旧家・大導寺家。

    ある日一人息子の静音は蔵の虫干しの最中、奇妙なノートを見つける。

    大導寺を名乗り、一族の家系図に無い人物が記したその日記には、大正時代に一族を滅亡寸前まで追い込んだ殺人鬼の記述が。

    それに呼応するかのように現代でも日記の記述と同じ奇怪な出来事が?!

    過去の亡霊が蘇ったのか?

    著者渾身の探偵小説が始まる!

  • 虫干しの日に発見したノートから始まる事件。平安時代から続く大導寺家の長男で一人息子の静音が、命を狙われる。藤枝直顕くんと静音くんの関係が、ちとヤオイちっくなのは、栗本さんの作品だからしょうがないか。大正時代に一族を滅亡させようとした殺人鬼が現代に蘇った?!大正ロマン好きの人、必読です。畜生道に落ちるとも…、哀しい恋ですね。

  • 評価が低くて悲しい!
    もっと分厚かったら嬉しかった。

  • どろどろした大正時代の事件と比べると、平成の御代におこった事件がやたらちゃっちく感じるのは気のせいか。
    というか、元お嬢様とはいえ、平成に生きる人が「おちごさん」と日常会話で使ったりするだろうか。
    あえて、古い言い回しを使ったのか。やっかみのために。

    とにかく、竜介は本当にいいキャラ。

  • 蔵の整理をしていたら、見知らぬご先祖様の日記が出てきた。そこには大導寺一族が滅亡寸前にまで陥った、ある連続殺人事件が描かれていて・・・!
    六道ヶ辻シリーズ第一弾。

  • 先入観なしに読んだ。
    失敗した。
    無理です。

  • 登場人物、設定、展開、どこまでも浪漫で耽美でやおい。存分に浸るが勝ち。「大導寺竜介の青春」と「墨染の桜」が好き。完結まで読みたかった。

  • 大正時代の話は、いいんだけれど、現代の話が・・・静音は大学生といいつつ中学生みたいだし、 現代の事件の解決が、それでいいの?的な。現代の方の設定がちょっと微妙なのかも。 大正時代の方は内容的には「びっくり!」は無いものの、面白く読み進められただけに残念。

  •  平安から続く大道寺家にまつわる因縁話。こういう旧家がどうのっていうのは、上手いんだよね、栗本薫。で、やっぱり上手い。が、とっても綺麗な病弱な少年が出てきた時点で、ネタはばれた(笑) そういう「やおい」オチ(厳密には違うが)にするなら、もう一ひねり欲しかったなぁ。構成で、誤魔化して欲しくなかった。

  • 現代の大導寺静音が大正時代に書かれたノートを見つけたことが物語の始まり。
    大正時代の本家の大導寺家の血筋が次々と殺害される。
    大正ロマンが好きな人にはお薦め。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2017年 『ムーン・リヴァー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

六道ケ辻 大導寺一族の滅亡 (角川文庫)のその他の作品

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする