ハハな人たち (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.09
  • (1)
  • (4)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041762066

作品紹介・あらすじ

各界で大活躍の偉大なるハハな人たちに、われらがムネノリが真ッ向から挑んだ!!さて、その行方は…!?これからハハになる人も、すでにハハになっている人にも、大変ためになるお話満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハハハな人たち、だと思っていた。
    母なのね。

  • ハハとは母のことか…表紙がいけてる。

  • 我らがムネムネが著名人のお母さん達と子供について語るという、
    なんともアットホームな内容。
    ハハとは母のことだったのね。
    てっきり、ははと笑うことかと思って衝動買いしてしまった一冊。
    ハラダムネノリと名前の中に腹と胸があって、よく小学生のとき言われたというのには笑えました。

  • 福島瑞穂と中島梓が気になったので。

  • <06/12/3読了>◆各界で活躍する母親(中島梓、福島瑞穂、野中ともよ、コリーヌ・ブレなど)相手にチチ代表・我らが原田宗則が挑んだ(?)対談集。◆子育ての話が中心ですが、うんうんとうなづくものあり、そうかなあと疑問を持つものあり、すげえと驚くものあり、待て待てと思うものあり、目からぽろっと鱗が落ちるものあり、あははと笑うものありで、頭からしっぽまで楽しく読むことができました。◆これらのハハな人たちの多くに共通するのは「自然体」ということです。自分に対しても子供に対しても「こうあるべき」という形を作ってはめこもうとせず、自分の気持ちに素直に子育てしています。昨今重大な犯罪を犯す子供たちは、親が自分好みの「型」にはめこもうとしている例が多いように思います。◆ためになって、笑えて、一粒で二度おいしいグリコのキャラメルみたいな本。ハハな人たちにはもちろん、チチな人たちにもおススメです。

  • (2004/5/1(土))

  • いろんな業界で活躍する母親たちと原田宗典との対談集。
    表紙が気に入って買っただけでしたが、案外おもしろい本でした。
    ジャーナリストや弁護士、オペラ歌手、女優の育児って想像がつかないですが、たまに家を空けること以外はやっぱり普通なんですね。
    自分の育児に対して「これでいいんだ」って自信があるところはさすがです。仕事してる母親は強い、エライ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1959年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。大学卒業後コピーライターとなり、1984年『おまえと暮らせない』が第8回すばる文学賞に入選する。その後、小説・エッセイ・戯曲と幅広い分野で活躍。絵本や翻訳にも挑戦し、著書に『ぜつぼうの濁点』『イノック・アーデン』(訳)『し』『私は好奇心の強いゴッドファーザー』『見たことも聞いたこともない』『劇場の神様』『彼の人生の場合と彼女の人生の場合』『小林秀雄先生来る』『たまげた録』『醜い花』(新装版)『メメント・モリ』『やや黄色い熱をおびた旅人』『〆太よ』などがある。

「2021年 『スメル男 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田宗典の作品

ツイートする
×