総統奪取 (角川文庫)

著者 : 生島治郎
  • 角川書店 (1996年10月発売)
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041940068

総統奪取 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あんまり中国の近代史得意じゃないので、出てくる錚々たるお名前には聞いたことあるなーくらいの予備知識しかなかったのですがさすが生島治郎。歴史の裏舞台を描きながら、あくまで紅真吾の生き生きとした冒険譚に仕上がっています。

    紅さんは相変わらず男前です。当然のように葉さんも傍にいて、お互いにひやひやするような会話で遊んでますが、紅さんは葉が裏切ったら悩みながらも最終的には手を下すと思うけど、葉はどうしてもできないんじゃないかしら。
    甘いのは葉さんの方だと思うのです。結局彼はいつもどこか拠り所を求めて彷徨ってるし。もう諦めて紅さん中心で生きればいいのに、と思うけど、主義や思想がどこかしらにないと自己を投じきれないところがこのひとのプライドでもあって。結局依存に変わりはないんだけどなあ。
    軍服着た葉さんはちょっと映像で見てみたい感じです・笑。

  • 『黄土の奔流』シリーズ3作目。

全2件中 1 - 2件を表示

総統奪取 (角川文庫)のその他の作品

総統奪取 単行本 総統奪取 生島治郎
総統奪取 (講談社文庫) 文庫 総統奪取 (講談社文庫) 生島治郎

生島治郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする