天と地〈ベトナム篇 下〉 (角川文庫)

  • 角川書店
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042663027

作品紹介・あらすじ

60年代に入ると、戦争は拡大の一途を辿った。サイゴンで紡績工場の奉公人となったレ・リは、妻子ある主人との不倫の恋に陥り、15歳で未婚の母となった。悲惨な現実から逃避するため、アメリカ人との束の間の恋を繰り返すレ・リ。1人のベトナム人女性のアメリカまでの道のりと16年ぶりの帰郷を通して、愛とは、自由とは、家族の絆とは何かを底の底まで見据えた凄絶なノンフィクション巨篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オリバー・ストーン監督映画の原作/「見張りを怠った」廉でベトコンに死刑宣告されたレ・リは処刑者にレイプされたが一命をとりとめた。米軍基地に出入りするようになったレ・リをベトコンは爆弾テロに利用しようとしたらしいが父親はそれを拒むため自殺した。著者はベトコン(現在の共産党政府の前身)、共和党政府、米国の誰をも責めない。物語は渡米するまでと十数年後の’86年帰国し家族再会、ソ連からの借金返済に苦しむベトナムに「病院を建てる」夢を実現しようとして終わる。「結局アメリカはいいことをしたのか」と思わせるのはさすが。

  • ベトナム戦争当事者からの思いが伝わり何とも言えない気持ちにさせられた。

  • レ・リが越南戦争の中で生き抜いていったストーリー。実話なのでベトコンと国民軍・米国の間に挟まれた一般市民の苦悩がよくつづられている。おそらく日本の第二次大戦も似たようなものだったのだと思われる。家族が引き離され、死んでいく。しかし、レ・リの父親の考え方は一貫していて感動ものである。ぶれない。愛に満ちた人であったようだ。後半は米国人になる経緯が述べられているが、本人が書いているためちょっと脚色されているような感じもする。自分はベトナム人でないため分からないが、地獄のようなベトナムの生活の中で、米国人になれることを躊躇するくだりは、ちょっと理解できないところがあった。

全3件中 1 - 3件を表示

レ・リヘイスリップの作品

ツイートする
×