どんな病気でも後悔しない死に方 (角川SSC新書)

著者 : 大津秀一
  • 角川マガジンズ (2013年9月10日発売)
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047316195

作品紹介

「胃ろうや、人工呼吸器は使った方がいいのか」「病院ではなく、自宅で安らかに死ぬにはどうすればいいのか」もしもに備えて決めておきべき死に方と医療の選択肢を、千人以上を看取った終末期医療の専門家が解説。

どんな病気でも後悔しない死に方 (角川SSC新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ほとんどの病気には治療が効かない段階が来る。そこからの苦しいだけの延命治療は控えて、自分のため家族のための最後の時間を大切にすべき。」これは、千人を超える最期を看取った緩和医療医の主張。


    自分がそうなったらどうするか?人によって答えは違う。本人でさえ考えは揺れ動く。本人が死にたいと思っても家族は延命を望むもの。本人と家族の思いは異なって当然。だからあらかじめ家族と話し合っておくことが大事。死ぬ時に後悔しないために、今何をすべきなのか?健康はあくまでもより良き生を生きるための手段。今、何をすべきか。。。

全2件中 1 - 2件を表示

どんな病気でも後悔しない死に方 (角川SSC新書)のその他の作品

大津秀一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

どんな病気でも後悔しない死に方 (角川SSC新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする