伊達政宗 (2)人取られの巻 (山岡荘八歴史文庫 52)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (28)
  • (29)
  • (57)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 253
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061950528

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いよいよ秀吉の登場!白装束や金の十字架、猿のしつけなど有名なエピソードがたくさん出てくる。
    政宗と秀吉のやりとりがとても面白い。

  • 第一巻に同じ。

  • 伊達政宗の機転が見事。
    生きるか死ぬかの戦国時代なのに、凄く楽しそうな御仁。ほんとに心の底から楽しそうに生きてる感じがする。
    物語中、やっぱり年齢を重ねて考えが深くなってくるんだけど、それでもイメージはやんちゃ坊主。
    それと、戦国時代のお殿様方のやりとりが、意外と殺伐としてなくて驚いた。まぁ戦に発展するから殺伐とはしてるんだけど、お殿様同士の会話とかに悪戯があったりで面白い。喚くとみっともないからわざと悪戯されたんだ、みたいな見栄とかも面白い。
    伊達政宗の立ち振る舞いも楽しいけど、全般的に大名の方々はみんな面白い。

  • この巻でメインに描かれているエピソード、割と伊達政宗としては有名ではないだろうか。
    若気の至りとはよく言うが、10代で若気なんて有り余っているだろうにその如何で命や領地が左右された時代。
    凄いことだと思う。
    当時だからこそ「愚か」と言われたろうが、今そこらにうようよしている10代にはこれをしでかす度胸そのものすらないだろう。

  • 正宗は優秀じゃな

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

昭和13年、懸賞小説に入選し文壇デビュー。昭和25年から新聞に『徳川家康』を連載開始。連載期間は18年にも及び、「経営トラの巻」としても多くの読者を獲得した。

代表作:『新太平記』『伊達政宗』『坂本龍馬』『小説太平洋戦争』等多数。

伊達政宗 (2)人取られの巻 (山岡荘八歴史文庫 52)のその他の作品

山岡荘八の作品

伊達政宗 (2)人取られの巻 (山岡荘八歴史文庫 52)を本棚に登録しているひと

ツイートする