時間 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (11)
  • (3)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 174
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061976344

作品紹介・あらすじ

人生の中で時間が流れていく、ということの意味を考え現代文明の偏見を脱して捉われの無い自由な自分となる。文化の真の円熟や優雅さは18世紀西欧にあるとの『ヨオロツパの世紀末』を著した著者が、その最晩年に到達した人間的考察の頂点にして、心和む哲学的な時間論。『時間』を書き上げると残っているものを全部出したと感じる、と述懐した批評家吉田健一の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「我々にとって現実といふのは或る状況を紛れもなくそこにあるものと認めたその状況であって時間の観念が失はれた状況は現実であり得ず、そこで認めるべきものが凡て意識のうちで一つのものをなすことで時間がたつて行くことも明かになる。……」<br><br>観念的な内容だけど面白いです。ちなみに著者は、昭和の政治家で総理大臣にもなった吉田茂の息子。

  • 何回読んでも頭に入らないけれど、ここに書いてあることを暗記し身につければ幸福に生きられそうな気がするので10年前からおりにふれ読み返してます。哲学書をあれこれ読むくらいならこれ一冊を再三再読されることをすすめます。

  • 空間 時間 精神 人間

  • 『時計の時間』のことなど忘れて、ついでに軽く呑んでw ゆるゆると読みたい1冊。
    冒頭と末尾の文章がとても美しい。

  • 2010/12/23購入

  • ひとりの人間の考えていること、その思考の過程をそのまま、そのまま文字にすることを、考える。そういう本、だという印象。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1912年、東京生れ。作家・批評家。随筆や翻訳などでも幅広く活躍。おもな著書に、評論『文学の楽しみ』『ヨオロッパの世紀末』『時間』や、小説『金沢』『絵空ごと』『東京の昔』、随筆『私の食物誌』など。

「2022年 『こぽこぽ、珈琲 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
イタロ カルヴィ...
フランツ・カフカ
三島由紀夫
レーモン クノー
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×