吉田健一のおすすめランキング

プロフィール

1912年、東京生れ。作家・批評家。随筆や翻訳などでも幅広く活躍。おもな著書に、評論『文学の楽しみ』『ヨオロッパの世紀末』『時間』や、小説『金沢』『絵空ごと』『東京の昔』、随筆『私の食物誌』など。

「2022年 『こぽこぽ、珈琲 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田健一のおすすめランキングのアイテム一覧

吉田健一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『海からの贈物 (新潮文庫)』や『アンソロジー お弁当。』や『こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)』など吉田健一の全473作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

海からの贈物 (新潮文庫)

1469
3.82

感想・レビュー

海辺で過ごした短い滞在のあいだに、著者がじっくりと紡ぎ出した「生活」についての考えを綴った1冊。 年を経る中で波にもまれるようにゆるやかに変化する人間の... もっと読む

アンソロジー お弁当。

696
3.49
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

497
3.16
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

アンソロジー ビール

350
3.31
東海林さだお 2014年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。 書き手も様々なら、内容も様々。 うまいビ... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

325
3.10
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

木曜の男 (創元推理文庫 101-6)

295
3.58
G.K.チェスタトン 1960年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

推理小説というよりは哲学書? 孤独で救いのない世界で普通に暮らすことができていることに感謝するサイムや他月曜から土曜、普通な暮らしに退屈と不平等感を感じ破... もっと読む

金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)

288
3.62
吉田健一 1990年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うっかり通勤電車で読み始めてしまったのだけれど、すぐに「これ電車で読んだらあかんやつ」認定して部屋読み用に切り替えました。休日の夜にお気に入りの梅酒(いた... もっと読む

ハワーズ・エンド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-7)

280
3.96

感想・レビュー

初読 ★3.5 吉田健一氏の翻訳、を楽しみに読む始めたのだけど、 これが私と合わなくて、なかなか苦戦。 けど、癖になる、というのもうっすら理解できるよう... もっと読む

ロビンソン漂流記 (新潮文庫)

271
3.55
デフォー 1951年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

18世紀イギリスの文筆家ダニエル・デフォー(1660?-1731)による漂流冒険譚、1719年。子ども向けの冒険物語として知られるが、孤島に漂着して自活し... もっと読む

酒肴酒 (光文社文庫)

268
3.63
吉田健一 2006年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各地のおいしいもの紀行、おいしいもの随想、おいしいもの小説、と、400ページを超える分厚さだが徐々に景色が変わって飽きさせない。とはいってもこういう生きる... もっと読む

にっこり、洋食 ; おいしい文藝

247
2.90
江國香織 2021年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江國香織さんはポタージュを手作りするのにミキサーを使うのが苦手だとおっしゃっていますが、私も同じです。 最近スープ作りに凝り始め、スープの本を見て色々作... もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

221
3.24
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「喫煙者の言い訳集」ですね、これ。 中には非喫煙者のコメントもありますけど。 見苦しさ満載で、そこが面白い、という人もいれば、つまらない、とい... もっと読む

能・文楽・歌舞伎 (講談社学術文庫)

209
3.77
ドナルド・キーン 2001年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私にとって、今年は(理由はともかく)機会を見つけては能を観に行った一年となった。非常に難解かつ深淵と言われる能に私が魅力を感じ続けたのは、この本の素晴らし... もっと読む

ちょこっと、つまみ: おいしい文藝

199
3.17
阿川佐和子 2020年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おいしい文藝シリーズで今回は、おつまみ。 読めば読むほど、お酒が欲しくなりますな・・・でも、胃を全摘してから丸六年、それまではビール党でしたが飲まない日... もっと読む

汽車旅の酒 (中公文庫)

179
3.12
吉田健一 2015年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

英文学者にしてあの吉田茂の息子による旅と酒と食のエッセイ。東京駅からひたすら飲み続け(多くは夜行)、到着した街でも午前から飲み続ける。特に金沢がお気に入り... もっと読む

時間 (講談社文芸文庫)

169
3.77
吉田健一 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「我々にとって現実といふのは或る状況を紛れもなくそこにあるものと認めたその状況であって時間の観念が失はれた状況は現実であり得ず、そこで認めるべきものが凡て... もっと読む

東京の昔 (ちくま学芸文庫)

155
3.90
吉田健一 2011年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幸福書房にて もっと読む

美少年 (書物の王国)

137
3.54

感想・レビュー

彼らは本当に「元々地上には属さなかった」のだろうか? ギリシア神話のナルシスから、森茉莉のジェニまで、古今東西のあえかな美少年たちが勢揃い。 もっと読む

ヨオロッパの世紀末 (岩波文庫 青 194-2)

122
3.06
吉田健一 1994年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヨーロッパの成り立ちを、近代文学、芸術、哲学に着目して分析したもの。国や民族、制度主体ではなく、精神的支柱の切り口で分析していて新しい切り口というか、味方... もっと読む
全473アイテム中 1 - 20件を表示

吉田健一に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×