江國香織のおすすめランキング

プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

江國香織のおすすめランキングのアイテム一覧

江國香織のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『きらきらひかる (新潮文庫)』や『冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)』や『神様のボート (新潮文庫)』など江國香織の全296作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

きらきらひかる (新潮文庫)

16312
3.76
江國香織 1994年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『生涯未婚率』という統計がある。5年に一度の国勢調査により導き出される『50歳の時点で一度も結婚歴がない人の割合』を示す数字。今から30年前、1990年の... もっと読む

冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

11714
3.55
江國香織 2001年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多分一番多く読み返している本。そして私がイタリアに憧れを抱くきっかけとなった作品。 初めて読んだ時は高校生。正直つまらないと思った。 映画と辻仁成... もっと読む

神様のボート (新潮文庫)

10994
3.61
江國香織 2002年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

成長と共に変わっていってしまう子・草子と、ずっと変わることができない母・葉子の物語。 読んでいてずっと、なんだか悲しかった。変わってしまうことも、変われな... もっと読む

つめたいよるに (新潮文庫)

10128
3.59
江國香織 1996年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『つめたいよるに』には21編もの短編が収録されています。5分もあれば読めてしまうどの物語も、長い余韻を残しながら消えるように心のなかへと静かに沈んでいきま... もっと読む

号泣する準備はできていた (新潮文庫)

9420
3.09
江國香織 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生で読んだ江國香織は意味が分からなかった。 大学生になって読んだ江國香織は私の頭の中そのものだった。 上手く言語化できない、わやわやしてもやもやして... もっと読む

落下する夕方 (角川文庫)

8801
3.50
江國香織 1999年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんで今この物語出会うことができたのだろう。 完璧なタイミングだと思った。 この物語を読み進めるたび、梨果の心情と自分の現状を比べる場面がいくつもあった。... もっと読む

すいかの匂い (新潮文庫)

7208
3.36
江國香織 2000年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏休みの夜、宿題である星座の観察をするためにベランダに出たこと。ざらざらとした材質、足裏のひやりとした感触。 クーラーをつけず扇風機のみの室内は空気がゆる... もっと読む

流しのしたの骨 (新潮文庫)

6921
3.65
江國香織 1999年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おかしな家族のお話。妙ちきりんだけれど平和な家族と、そんな一家の日常に起きる、ちょっとした事件たち。聞いたこともないような常識や習慣だらけの家族なのに、主... もっと読む

ホリー・ガーデン (新潮文庫)

6487
3.50
江國香織 1998年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はこの小説に流れる時間が好き。 果歩と静枝、2人の生活。 ずっと果歩のようになりたいと思っていた。 果歩は大人の女の人に見えた。 でも気づいたらもう... もっと読む

東京タワー (新潮文庫)

6099
3.31
江國香織 2006年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋はするものじゃなく、おちるものだ。 年上の詩史と過ごす甘くゆるやかなひと時―大学生の透の世界は満ちたりていた。一方、透の親友である耕二は女子大生の... もっと読む

泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫)

5998
3.25
江國香織 2005年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江國さんのお話は殺伐としていておしゃれでドライだ。近いはずなのに遠く感じたり、二人でいるのに孤独だったり、世界中から二人だけ疎外されていたり。ほんのり温か... もっと読む

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

5251
3.34
江國香織 2003年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江國香織の本はなんというか凄く清潔感がある。 うまく言えないけれど、汚れた物やだらしない物迄、秩序の中にある感じだ。 それは、文章の力だろうか? 寄って、... もっと読む

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

5096
3.60
江國香織 2007年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この間江國香織さんの作品をたくさん買った。その中の一冊。麻子、治子、育子という三姉妹について描かれています。 三姉妹はそれぞれ悩みを抱えているけど、一番... もっと読む

ぬるい眠り (新潮文庫)

4678
3.37
江國香織 2007年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「これはお別れの電話なの。だからもう、夢に出てきてくれなくてもいいわ。」 表題作「ぬるいねむり」、確かこんな一文があったはず。 あなたが夢に出てきた、と... もっと読む

こうばしい日々 (新潮文庫)

4482
3.39
江國香織 1995年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江國さんの、子どもを子ども扱いしないところ、ばかにしないところが、好き。 あと、江國さんの文章がやっぱり好き。季節の匂いがする。十月の海や、金色の落ち葉や... もっと読む

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

4211
3.39
江國香織 2006年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「嘘」がキーワードになっている小説。 夫婦の瑠璃子と聡がそれぞれ不倫をするが、どちらの視点で考えるかによって見えてくるものが違ってきました。 まず、瑠璃... もっと読む

ぼくの小鳥ちゃん

4166
3.60
江國香織 2001年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思えば物語を読むというのは不思議なものです。同じ物語を読んでも感想を語ると見事なくらいに色んな意見が出ます。例えば『なにかが窓ガラスにぶつかった音。ふりむ... もっと読む

東京タワー

4065
3.29
江國香織 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二人の結末が書かれておらず、すっきりしない終わり方。 なのに、すごく「いい本だった~。」と思った。 言葉選びがいいんだろうな。 言葉が気持ち良く、心... もっと読む

すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)

3700
3.54
江國香織 2002年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甘い甘い砂糖菓子みたいな詩集。 だけど時々どきっとさせられる鋭いことばたち。 愛情も孤独もいっぱい胸に抱えながら、だれのものにもならない芯の強さがとて... もっと読む

いくつもの週末 (集英社文庫)

3463
3.55
江國香織 2001年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めてすぐ、とにかくびっくりした。 自分が書いたのかと思った。(笑) でも私には、こんなに素敵な文章を作りだすことは出来ない。 「夫とは感性が合... もっと読む
全296アイテム中 1 - 20件を表示

江國香織の関連サイト

江國香織に関連する談話室の質問

ツイートする