湊かなえのおすすめランキング

プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

湊かなえの関連サイト

湊かなえのおすすめランキングのアイテム一覧

湊かなえのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)』や『告白』や『少女 (双葉文庫)』など湊かなえの全104作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

32401
3.97
湊かなえ 2010年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4歳の娘を持つシングルマザーである中学1年生の担任だった森口教諭。 ふわふわしたものが大好きな、愛らしい娘は、学校のプールで遺体となって発見される。 ... もっと読む

告白

14934
3.92
湊かなえ 2008年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつか書こうと思っていたが、あまりにも、「読後感が悪い」というレビューが多いので── 四年前、帯に魅かれ発売直後に購入したのだが、稀に見る衝撃的な作... もっと読む

少女 (双葉文庫)

11250
3.52
湊かなえ 2012年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々の湊かなえ。 丸山健二の遅々として進まない小難しい本を投げ出しこちらを読む。 あっと言う間に読めた。 そしてそれなりに面白い。 「告白」ほどの... もっと読む

贖罪 (双葉文庫)

9125
3.60
湊かなえ 2012年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校に現れた作業着姿の男。見知らぬ大人にも警戒することのない人懐こい少女たち。一人が連れて行かれ、いたずらされ、変わり果てた姿で見つかった。 都会か... もっと読む

白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)

8057
3.28
湊かなえ 2014年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃的な事件が起こると メディアはこぞって 「何故その犯行へと至ったのか」の経緯を 事詳しく報道し始める。 例えば 周囲への人間のインタビュ... もっと読む

夜行観覧車 (双葉文庫)

7597
3.30
湊かなえ 2013年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湊かなえさんのファンというわけではとくにないけれど、読むと面白いと思うし、続々映像化されるのも頷ける。 売れてるミステリ作家さんの小説ってきっとそういう... もっと読む

夜行観覧車

6794
3.26
湊かなえ 2010年6月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小説を読んで思い出したのが、東野圭吾さんの「手紙」です。 犯罪者を家族に持つという所が共通点。 まだ「手紙」を読んでいない方は、読んでみてください... もっと読む

往復書簡 (幻冬舎文庫)

6736
3.51
湊かなえ 2012年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルから想像できるとおり、物語は手紙のやり取りを通して綴られています。 私は筆まめではないけれど、手紙が好きです。 なかなか返事が手元に届かないの... もっと読む

Nのために (双葉文庫)

6609
3.43
湊かなえ 2014年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

究極の愛=罪の共有。それぞれが、それぞれのNのために真実を隠す。 イニシャルNの登場人物たちの目線から語られる物語で、各々が同じ局面でも全く違う事を考え... もっと読む

贖罪 (ミステリ・フロンティア)

5341
3.52
湊かなえ 2009年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「告白」に続き著者2作目。前回がイマイチだったから期待はしてなかったけど…やっぱりなぁ、というかんじ。面白くなくはないんだけどね。ここまで人気があるのは本... もっと読む

花の鎖 (文春文庫)

5269
3.68
湊かなえ 2013年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湊かなえさんの作品は 「Nのため」に続いて2作目になりますが、 今回の作品はとても優しくて暖かいミステリーでした。 全く繋がりがない3つの物語を同じ感覚で... もっと読む

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)

4716
3.32
湊かなえ 2009年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の作品に登場する10代の子どもはかなり大人びた考え方をして(環境によりそうならざる負えなかったというのもあるが)心の中に捨て場を用意しているような、ど... もっと読む

Nのために

4269
3.21
湊かなえ 2010年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。既読の湊作品の中で一番好きかも。それぞれの「Nのために」が絡まりあって、ほどけなくなった感じ。 前回同様感想を書くことが非常に難しいんだけど、湊さん... もっと読む

母性 (新潮文庫)

3947
3.41
湊かなえ 2015年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湊かなえさんの本だわぁ~!! 読み始めてすぐにそう感じました。 母性って… 本文中に辞書によるとと書かれていたのが ”女性が、自分の生んだ子を... もっと読む

往復書簡

3715
3.52
湊かなえ 2010年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『告白』で、これ以上ないというくらい秀逸なタイトルを冠した各章の構成の見事さ、 心理の最深部にまで踏み込んで抉り出すような冴えた筆致に目を瞠ったけれど 私... もっと読む

白ゆき姫殺人事件

3457
3.18
湊かなえ 2012年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湊かなえらしい作品。 OL殺人事件を巡って報道が過熱、疑われた女性の実名がネットに流れてしまう。 「白ゆき」という化粧石けんがヒットした会社に勤め... もっと読む

花の鎖

3442
3.54
湊かなえ 2011年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たとえば、花。たとえば、月。たとえば、雪。 たった一人の身内である祖母が入院し、自身も失業したばかりの梨花。 憧れの人と結婚したばかりの美雪。... もっと読む

豆の上で眠る

3170
3.17
湊かなえ 2014年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼いころに突然失行方不明になった姉。 事件は姉が2年後に無事保護されることで解決した。 しかし妹には小さな違和感が大人になってもくすぶり続けていた。 ... もっと読む

リバース

3011
3.75
湊かなえ 2015年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館の返却期限ギリギリの一気読み^^; 心理描写、とりわけ主人公の男の内面がストーリーの骨格になっています。複数の人物から一つの事象の側面を見方方向を... もっと読む

リバース (講談社文庫)

2987
3.84
湊かなえ 2017年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湊作品は初見。 最初の取っ掛かりが入り込みづらかったけど、それからは最後まで一気読み。 コーヒーと蜂蜜の描写、美味しそうだし(笑) 本当に最後の... もっと読む
全104アイテム中 1 - 20件を表示

湊かなえに関連する談話室の質問

湊かなえに関連するまとめ

ツイートする