洋書(アルファベット限定)題名しりとり

  • 質問No.1731
  • kaizenさん kaizen さんからの質問
  • カテゴリー : 雑談

次は S(またはC)

談話室の「題名しりとり」が面白かったので,洋書(アルファベットの本)の題名しりとりをはじめたいと思います。主題,副題のどちらでも結構です。アルファベットの終わりは種類が少ないので両方OKを宣言してください。本はできればbooklog.jpのURLで引用いただけると幸いです。
#アルファベットは末尾の種類が少ないので、2011年10月6日より,末尾の2文字のどちらでもよいという規則を追加しまいた。例えば,EconomicsであればCかS。

冠詞は省略しても結構です。(英語のThe, A, An,フランス語などのLes, Laなどは多いので)規則は書き込む方がその都度補足していただけると幸いです。ご協力よろしくお願いします。

booklogはamazon.co.jpと連係していて,amazon.co.jpは一部amazon.comから洋書情報を持って来ているようです。amazon.comになく,amazon.uk, amazon.fr, amazon.esなどにしかない書籍はここに記載できません。その際は,amazon.uk, amazon.fr, amazon.esなどでもよいことにしたいと思います。いかがでしょうか。
http://bit.ly/qLBuim 2011/9/20記(50冊一覧)
http://bit.ly/pzUftS 2011/10/1記(百冊一覧)
http://bit.ly/q6RSkd 2011/10/5記(150冊一覧)
http://bit.ly/vQM3HK 2011/10/20記(250冊一覧)
既出一覧を上記のURLに記録します。100冊単位で順次更新する予定です。

ps.
読んだことがあるもの,知っているもの,気に入ったもの,読みたいなと感じたものがあったら,気軽に花丸をつけてくださると幸いです。(赤いGOODというところを押すだけです。「いいね」という感覚で)
amazon.comに洋書の100冊書評を書こうという目標を4年前にたてたのに,まだ達成していませんでした。しりとりしているうちに目標達成しようという目論みもあります。
ps2. 2011/11/11 100冊は達成しました。ありがとうございます。200冊を2012年の目標にしています。
  • 投稿日時 : 2011-09-16 04:29:39
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.1731-062985
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-10-30 22:49:55

既出だったらすみません。



次はsかiでお願いします。




オーストラリアでは人気のYA・児童書作家ですが、まさか日本語訳が出ているとは思いませんでした。残念ながらシリーズの1作目しか訳されていないようですが。

次はYかNで。
  • 回答No.1731-062483
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-10-11 00:23:31
  • 回答No.1731-062380
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-10-07 21:57:34
  • 回答No.1731-062366
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-10-07 14:02:53


スローターハウス5 [DVD]

ジョージ・ロイ・ヒル / キングレコード / 2009年5月13日



ヴォネガットの名作。
G・R・ヒルの映画も名作。
G・グールドのサントラも名作。

次は「E」か「V」で。
  • 回答No.1731-060328
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-08-17 11:54:21

次はsかa
  • 回答No.1731-060224
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2013-08-15 10:18:24
全379件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする