生き仏になった落ちこぼれ―酒井雄哉大阿闍梨の二千日回峰行

著者 :
  • 講談社
4.13
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062041973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高倉健さんのストイックな生き方に惚れ惚れしました。その高倉健さんに「往く道は精進にして忍びて終わり悔いなし」の言葉を送った酒井雄哉大阿闍梨、まさにストイックの権化ですね! 畏れ多い方とはこのような方と思いました。落ちこぼれ?の青春時代から39歳で比叡山に登り仏門に。捨身苦行を志した半生の感動作です。

  • 今から30年前に私も仏になろうとしてもがき、あがき・・・結局修羅の道から足を滑らせて地獄へまっ逆さまに落ちてしまいした。
    落ちる時は一気です。

全2件中 1 - 2件を表示

長尾三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×