森瑶子の料理手帖

著者 :
  • 講談社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062059923

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バブル時代の華やかさ 著者の男友達はアーティスト、広告代理店、アートディレクター。
    豊かな生活、贅沢な食のレシピ。しかし読み込むうちにこの本がとても丁寧に作られていることに気付く。
    おそらく制作に前後して著者が病に倒れたため、本人の言葉と編集者達の言葉がまるで自伝のように綴られている。

  • 白洲家の料理本を見て思いだした
    オイルサーデンのドンブリとパスタはコレで知ったんだっけ。
    この後、めんたいイワシも、ホットグリーンサラダも、我が家の定番になりましたっけ
    オーブン料理が作りたくてねぇー
    丸ごと一羽のローストチキンはクリスマスの定番になったし

    あの頃、森瑶子が好きだったな。。。
    ほとんどの本を持っていたけれど、今はこれ以外は持っていない。
    今読むと、当時とは違った感想を持ちそうな気がする
    また読んでみようかしら

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森 瑤子(もり ようこ)
1940年11月4日 - 1993年7月6日
静岡県伊東市出身。本名、伊藤雅代。東京藝術大学器楽科入学。広告代理店、コピーライターを経て専業主婦に。1978年、池田満寿夫『エーゲ海に捧ぐ』に刺激されて『情事』を執筆し、第2回すばる文学賞を受賞しデビュー。直木賞、芥川賞の候補に度々ノミネートされるが、1993年に胃がんで逝去。
代表作に『情事』、テレビドラマ化された『デザートはあなた』など。

森瑶子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×