ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (4)
  • (14)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062204842

作品紹介・あらすじ

【対象年齢:小学校高学年以上】
これを読まずして世界の平和を語れない! イスラム諸国もアメリカも日本も被害者であり加害者。必要なのは異文化それぞれの価値観を理解する寛容な心。だから、教育こそが平和を守る第一歩なんですね。(三省堂書店営業企画室・内田剛さん)/解決の糸口もみつからないイスラム地域の現状ですが、この小さな小さな叫び声を聞く事で希望が生まれるのでは、と考えさせられました。(オリオン書房イオンモールむさし村山店・渡辺美幸さん)/大人も子どもも、この本をきっかけに、イスラム世界の現状について、自分に引き寄せて感じられるのではないでしょうか。(ジュンク堂書店藤沢店・鈴木沙織さん)

マララ・ユースフザイさんの名前は、広く世界に知られています。イギリスのBBCが運営するブログに、匿名ながら「イスラムの女性たちに教育を受ける権利を!」という主張を書き、そのことによってイスラム過激派の銃撃を受けて重傷を負った少女です。彼女は、生死に関わる傷を負いながらも屈することなく、教育の権利獲得のために運動し、史上最年少でノーベル平和賞を受賞しました。

一方、マララさんと同じく、パキスタンの部族地域出身の少女、ナビラ・レフマンさんの名前を、どれくらいの人が知っているでしょうか?

やはり、「教育を受けたい」と切望する彼女は、山でオクラを摘んでいるところをアメリカ軍の無人機「ドローン」にミサイルを撃ち込まれ、いっしょにいた祖母を亡くし、自らも大きなけがを負いました。

同じく「対テロ戦争」の犠牲者でありながら、ひとりはノーベル賞を受賞し、ひとりは無名のままです。この彼女たちの違いを知ることで、欧米諸国が生み出したイスラム世界への偏見や矛盾が見えてきます。

アメリカ軍が展開する無人飛行機「ドローン」による空爆の非人道な実態、イスラムと欧米諸国との関係の歴史、そして、終わりの見えない「対テロ戦争」が起きてしまった理由――。現代イスラム研究の第一人者が、大きく境遇が違ってしまった二人の少女の背景について、わかりやすく解説します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦争

  • 平和への道筋は、教育と本の中にある。

    イスラエルは、一時期エジプトまで支配していたのか。1967年頃。
    この本は中東の歴史についても、かいつまみつつ詳しく解説してる。
    知らないことばかりだ。

    「ナビラはドローンによる悲劇に巻き込まれ、それから二年間、どこのコミュニティにも属していなかった。つまり広く社会と接触してこなかったために、多くのことを失ってきました」 p.150
    コミュニティに属せないだけで、失うことも多いのか。

    「語学の習得は、他の生徒や教師たちとのコミュニケーションが円滑になるだけでなく、彼女にとって、メディアを通じて自分の体験や思いを発信する時に役立ちます。彼女は心の中に閉じ込めていることがまだまだたくさんあります。それを表現してほしいと思うのです。彼女自身の表現力を高めることも私たちの重要な教育目標です。まだ内気なところもありますが、ナビラはとても賢い子どもですので、いずれ十分に話ができるようになるでしょう。彼女が日ごとに前進することを、私たちは期待しているんです」 p.152

    現代の世界で普遍的に通用する価値観や知識、テクノロジーを学ぶとともに、それらが発達してきた歴史も学ぶ必要がある。どこかからメールで送られてきたのではないのだから。

  • 銃撃されたマララさん。マララさんと大きく違うのは、銃撃したのがアメリカのCIAだということ。この本では、そこを切り口に報道のあり方やイスラムについて考えていく。
    ドローンによる攻撃をアメリカ政府の人はbug splatと呼ぶのだそうです。人を攻撃しているのに。日本軍が戦時中、人体実験をするときに人間を丸太と呼んだことを思い出します。
    報道の使命は「一番小さな声を聞くこと」(『殺人犯はそこにいる』著・清水潔より引用)、その大切さをこの本でも感じます。

  • アメリカによる対テロ戦争の大義名分のアイコンとして、聖人君子のように祭り上げられているマララ。
    かたや、イスラム過激派ではなくアメリカ・CIAが運用する無人殺人機ドローンに家族を殺されたナビラ。

    中東の泥沼化は遡ればアメリカが発端。
    世界の正義面した大国が、裏でいかにむこの市民を犠牲にしているのか。生の少女の声が胸に痛む。

  • 486

    2017年では120冊目

  • マララさんはノーベル賞をもらうなど大きく報道されているが、
    この本ではアメリカのドローンによって祖母を殺され、自身も怪我をしたナビラさんのことについて書かれている。

    彼女のような子供達がまだまだたくさんいるということを私達は知らなければならないと思った。

    イスラム世界がなぜ今のような情勢になっているのかについて、基本的な部分ではあるが子供向けらしくわかりやすく書かれているので、非常に勉強になる一冊であった。

  • 「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界
    を変えられます。教育こそがただ一つの解決策です。エデュケーショ
    ン・ファースト(教育を第一に)」

    女子教育を否定するパキスタン・タリバン運動に襲撃されながらも、
    奇跡的な回復をしたマララ・ユスフザイさんが、2013年に国連本部で
    行ったスピーチの一部だ。

    マララさんはアメリカでオバマ大統領(当時)と会談した際に、ドローン
    を使用した対テロ戦争を止めるよう求めた。

    ノーベル平和賞を受賞したマララさんと同じ、パキスタンで生まれ育ち、
    対テロ戦争の犠牲になり、アメリカで被害を訴えた少女がいた。

    ナビラ・レフマンさんだ。マララさんの国連での演説には多くの人々が
    集まったのに、ナビラさんの話に耳を傾けるアメリカ下院議員はほと
    んどいなかった。

    なぜなら、ナビラさんと家族を襲ったのは、イスラム過激派ではなく
    アメリカ・CIAが運用する無人殺人機ドローンだったからだ。

    本書は2015年にドローン被害と教育の必要性を訴える為に来日した
    ナビラさんの話を中心に、イスラム教のこと、中東の情勢、テロ戦争
    がなぜ起きて継続しているのか等を、小学校高学年向けに書かれ
    たノンフィクションだ。

    本当に申し訳なく思う。日本に来ているのに、私はナビラさんのニュー
    スを完全に見逃していた。マララさんの国連演説などはきちんと見て
    いたのに。

    インターネットどころか、テレビさえもないパキスタンの部族支配地域
    で、豊かとはいえない暮らしをしているところに突然、ドローンから爆撃
    される。その場に居合わせたナビラさんも、彼女のお兄さんも、そして
    ナビラさんから30メールしか離れていない菜園でオクラを摘んでいた
    おばあさんも、テロリストではない。それなに、ドローンの攻撃を受けた。

    おばあさんは亡くなり、ナビラさんも怪我を負った。でも、誰も何もして
    くれない。パキスタン政府は「アメリカの責任だ」と言い、アメリカは誤爆
    の事実を認めない。

    アメリカの敵であるイスラム過激派に襲撃されたマララさんへの対応と、
    なんという違いだろう。加害者が誰なのか?アメリカの敵か、アメリカ自
    身かで被害者のその後の環境は真逆の位置になってしまう。

    ナビラさんもマララさんも、自分たちにまったく関係ないところで始まった
    対テロ戦争の犠牲者なのにね。アメリカが行っているドローン攻撃で、
    ナビラさんのように犠牲になった人たちはたくさんいるんだよね。

    「なぜ戦争をするのですか?なぜ教育のことを考えないのですか?
    なぜたくさんのお金を戦争に使って、教育に使わないのですか?
    戦争で何が解決できるのですか?」

    ナビラさんの心の叫びだろう。でも、きっとアメリカでは中東やアジアの
    人々の命は軽いのだろうと思う。2004年生まれの少女に与えた恐怖に、
    誰も真剣に取り合おうとしないのだから。

    児童書なので分かりやすく書かれており、これまで一般向けの中東問
    題を扱った作品を読んでもいまひとつ理解しにくかった部分も補える。

    小学生だけではなく、多くの人に読んで考えて欲しいと思った。そして、
    イスラエルとドローンの共同開発をしようとしている我が国を、心より
    申し訳ないと思う。

    そのドローンがパレスチナで使われない保証はないのだもの。

  • どう考えても ドローンで攻撃する
    それも 沢山の民間人が犠牲になっていて
    アメリカ人の犠牲を出さないため
    ゲームのように人を殺すって
    どうかしてますよね
    ドローンを選択した
    オバマさんにびっくりですよ
    イメージって恐ろしいな・・

  • 朝日新聞の読書記事を観て、図書館で借りて読む。
    ノーベル平和賞のマララさんのことは有名だけれども
    彼女のような境遇の人もいることが知ることができて良かった。オバマ政権からトランプ政権に変わり、対テロ戦争はどのように舵取りが行われるか、正視していきたい。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

現代イスラム研究センター理事長。1955年生まれ。慶応義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。UCLA大学院(歴史学)修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。著書『現代イスラムの潮流』(集英社新書)『中東イスラーム民族史』(中公新書)『アメリカはイスラム国に勝てない』(PHP新書)ほか

「年 『集団的自衛権とイスラム・テロの報復』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮田律の作品

ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女を本棚に登録しているひと

ツイートする
×