最後の遊牧帝国―ジューンガル部の興亡 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062580410

作品紹介・あらすじ

十四世紀、元朝が中国から撤退した後、中央ユーラシア草原は歴史の舞台から消えてしまう。しかし、モンゴル帝国の後裔たちは、各地で強大な遊牧王権をつくり、独自の文化を形成していた。そして十七世紀、ジューンガル部は大遊牧帝国を築きあげる。さまざまな言語の史料を駆使し、誰も語れなかつたオイラト民族の歴史を鮮明に描き出す意欲作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中央アジアこそ世界史そのもの
    亡くなられた岡田英弘先生は、モンゴルから世界史を問いただしていた
    ソ連の支配かにあたtモンゴル人民共国ではチンギス・ハーンは悪人であり研究はおろか名を口にすることさえはばかられたため、歴史から消滅しかけた
    ソ連が崩壊して、岡田先生の研究の成果から驚くべきスケールの世界史を知る機会が残された
    勉強しない手はないね

  • 2015/8/29
    中央アジアや西アジアに散らばったチンギスの末裔のことを知りたくて読んでみた。しかしこの本はオイラトというチンギス系ではない遊牧民族の歴史書であった。ちょっと地域も違う。年代を追うだけで著者の考えがあまり書かれていないのは残念。でも面白かったです。

  • たいへん興味深いが難しい。1回読んだだけでは無理。もう一度読まなくては。

  • モンゴル帝国滅亡後、モンゴルに代わって台頭した遊牧民オイラート。
    そのオイラートから派生し、最後の遊牧民国家となったジューンガル部の興亡を描く。
    ジューンガル部だけでなく、その母体であるオイラートや、彼らに取って代わられたモンゴル、その後裔のハルハ部の歴史を概観し、更にジューンガルの滅亡要因ともなった東の清朝と、西のロシア帝国の成立にまで言及しています。
    ただしモンゴルやチベットとも密接に関わっているため、誰がダライ・ラマの転生か?など、人物関係の把握で混乱するかもしれませんw

    ニン、トン♪

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1952年、和歌山県生まれ。京都大学文学部卒業、大阪大学大学院博士課程修了。博士(学術)。専攻は東洋史。大学院在学中から、東京外国語大学の岡田英弘教授からモンゴル語・満洲語・シナ史を、その後、東京大学の山口瑞鳳教授からチベット語・チベット史を学ぶ。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員を経て、東京外国語大学、常磐大学、国士舘大学、東京大学などの非常勤講師を歴任。現在、昭和12年学会会長、公益財団法人東洋文庫研究員としても活躍。著書に『封印された中国近現代史』(ビジネス社)、『朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏』(扶桑社)、『中国・韓国の正体』(WAC)、『最後の遊牧帝国』(講談社)、『どの教科書にも書かれていない日本人のための世界史』(KADOKAWA)、『悲しい歴史の国の韓国人』『日本人が教えたい新しい世界史』『満洲国から見た近現代史の真実』『皇帝たちの中国史』(徳間書店)などがある。

「2020年 『かわいそうな歴史の国の中国人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮脇淳子の作品

ツイートする