黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)

著者 : 恩田陸
  • 講談社 (2006年4月14日発売)
3.72
  • (334)
  • (429)
  • (649)
  • (43)
  • (4)
  • 本棚登録 :3488
  • レビュー :327
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749459

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリーのオチは予想がつくものの、構成がよく練られている。サイドストーリーや小ネタもあり飽きない。
    屋久島を旅した事があるので、島の自然については盛りすぎに感じてしまった。どの本でもそうだけど、読んでから旅をする方が、読む前に旅をするよりずっと楽しい。
    現実味のあるキャラクターが少しデフォルメされて登場する。彼らの語る心象風景は、どの人物もどこかしら共感できる。
    描写が映像化ありきのような直截さで、好みが分かれそう。

  • おじさん・おばさんになった学生時代の同級生の男女がY島を巡る。何てことないストーリーなのにすごく怖い。誰もが人前で隠している本音や本性は、知りたくても覗かないままの方がいいのかもしれない。

  • 『三月は深き紅の淵を』に続き、再々読。

    大学の同窓生である4人の男女がY島を旅する話。
    ”美しい謎”と各々の抱える過去と現在を思索する旅。
    文庫だと上下巻に分かれる頁数としてのボリュームもさることながら、一番の特徴は森と物語の濃密さだろう。

  • 話はゆったりと進んでいく。物語の流れを楽しむのではなく、旅に出ている4人の会話や思考を読む感じだった。
    章ごとにどんどん視点が変わっていくのですが、それぞれの考え方の違いがちゃんと書き分けられていたところが好感持てました。
    私は、蒔生がちょっと、苦手だなあと感じた。共感できない。薄情、だなと。蒔生とは分かり合えなさそうです。
    にしても、この物語にたびたび出てくる「過去」、すごく息苦しい。

  • すごく好き。何度も読み返す。読み返すたびに共感する人物が違う。好きな場面はなく全体の雰囲気が好き

  • タイトルは忘れたけど、人里離れた全寮制の学校に転向する話と少し関係あります。


  • 屋久島に行きたくなる一冊。

  • 独特の読感がある。

    屋久島の自然の中での、
    登場人物4人の心情描写が濃く、
    4人の性格を掴みながら読み進めていくのが
    独特な感じがあって、なかなか面白い。

  • 屋久島に行きたくなる!

全327件中 1 - 10件を表示

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)に関連するまとめ

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする