アンの青春 赤毛のアン(2) (講談社青い鳥文庫)

制作 : HACCAN  村岡 花子 
  • 講談社
4.12
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062850964

作品紹介・あらすじ

大好きなアヴォンリーの村で、小学校の教師となったアン。学校はもちろん、マリラがひきとった孤児のふたごのお世話、ダイアナやギルバートらと作った「改善会」の運営と、毎日がおおいそがし!腹心の友、"山彦荘"のミス・ラヴェンダーとの出会いや、崇拝する作家モーガン夫人の来訪など、忘れられない幸せな日々を描く、アン・シリーズ第2作。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2014-05-25)

  • アンの想像シーンがなくなってきてさみしかった。でも、アンの成長が嬉しかったー!!!

  • 自然描写が非常に美しかった。

  • 「赤毛のアン」のその後の物語です。
    グリーンゲイブルズ(家)で、すくすくと育ったアンが、今度はアヴォンリー(村)のアンとして、成長していく物語。
    正直、私は、「赤毛のアン」のときの、饒舌で想像力たくましいアンがちょっと苦手でしたが、そんなアンも成長して、それほどおしゃべりを続ける少女ではなくなります。私は、どちらかというと、少女時代より、使命に燃える青春時代のアンになってからの方が、アンのことが好きになりました。
    誰からも慕われ、誰とでも仲良くなれるアン。でも、その魅力の源泉は、やはりあのグリーンゲイブルズに引き取られたときのものが下地になっているのだとは思われ、その意味では最初から読むからこそ、アンの魅力に納得できるような気もします。
    一人の女性の生き方として、アン・シリーズの続きを読んでみたいと思っています。

全6件中 1 - 6件を表示

アンの青春 赤毛のアン(2) (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

アンの青春 赤毛のアン(2) (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする