花月五百年 新古今天才論 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062901802

作品紹介・あらすじ

最古の勅撰集・古今和歌集から新続古今和歌集まで、五百年にわたる二十一代集収録約三万五千首から、現代人の記憶に値する歌、真の秀歌を熟慮勘案、再選三選した二百首を論じる「花月五百年」。永年の関心の的であった天才歌人・定家の側面を抉り、茂吉の削除歌から定家嫌いの真意を衝く「新古今天才論」。全集未収録の幻の歌論、正字正仮名で校訂された、決定版。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1920年生まれ。2005年没。歌人。51年、第1歌集『水葬物語』刊行、以後、岡井隆、寺山修司らと前衛短歌運動を展開。現代歌人協会賞、詩歌文学館賞、迢空賞、斎藤茂吉短歌文学賞、現代短歌大賞など受賞。

「2022年 『紺青のわかれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塚本邦雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルグリット・ユ...
ウンベルト エー...
ポール・オースタ...
J.L. ボルヘ...
ウンベルト エー...
ジェイムズ ジョ...
アンナ カヴァン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×